真田幸村【真田信繁】の妻と子供たち一覧表

「真田幸村【真田信繁】の妻と子供たち一覧表」のアイキャッチ画像

真田幸村の妻と子・娘は下記の通りです。

正室竹林院(大谷吉継の娘)
※妹婿である浅井内蔵之助の娘が、大谷吉継の養女になって嫁いだとも?
女子:あぐり(あくり) – 蒲生郷喜の室
長男:真田大助(真田幸昌)
女子:阿昌蒲(おしょうぶ、菖蒲) – 片倉定広(田村定広)の正室
女子:おかね(於金殿)- 石川貞清(石川光吉)の正室
次男:真田大八(片倉守信) – 仙台真田家初代当主



側室隆清院(興清院)(豊臣秀次の娘)
三男:三好幸信
女子:なほ(御田姫、顕性院) – 岩城宣隆の側室

側室堀田興重(堀田作兵衛興重)の娘、または妹(名前不詳)→
女子:阿菊(お菊、すへ) – 石合重定室

側室高梨内記の娘
女子:於市 – 早世
女子:阿梅(おうめ) – 仙台藩の筆頭家老・片倉重長の継室(後室)

母不詳の四男・真田之親(石田之親)
9娘とされる阿安姫(墓所は静岡県浜松市の両光寺)

真田阿安

1615年、大阪夏の陣の際には真田幸村は、9娘「阿安姫」を信州・松代城に連れて行くよう家来・松沢彦次郎に託したが、遠江・浜名郡富塚村安座にて阿安姫は病床に伏し、亡くなったとされている。
松沢彦次郎は、そのまま百姓として土着し、松沢家代々が徳川毛の詮議を逃れながら、自然石を積み重ねて「姫塚」として供養したと言われており、現在は「両光寺」墓所に移転している。

真田栗毛

真田信繁(真田幸村)が大阪の陣にて使用した愛馬とされます。
その後の真田栗毛と言う馬の生涯は下記をご参照願います。

真田栗毛の墓~大分にあった真田幸村の愛馬の墓

※真田信繁の妻子に関しては諸説あります。上記のその一説となります。他の記事に関しても諸説ある中よりご紹介させて頂いております事、ご確認申し上げます。

大坂の陣のあとの真田信繁(真田幸村)の家族動向
片倉景綱と片倉重長~智勇と温情を兼ね備えた片倉小十郎
真田幸村とは 【真田信繁の生涯】 詳細版~徳川家に徹底対抗する人生を全うした名将
真田家関連カテゴリは約60記事あります
大河ドラマ「真田丸」関連は約100記事以上
真田幸村が9年間暮らした「九度山とはどんなところ?」
鹿児島に落ち延びた真田幸村と豊臣秀頼伝説を追ってイザ現地調査