カテゴリー:女性

  • とり【恭雲院・河原殿】肝っ魂な妻である真田幸隆の正室

     恭雲院(きょううんいん)は、河原隆正の妹(河原殿)とされ、生年に関しては1522年とする説がある。  この兄・河原隆正(河原丹波守隆正)は、海野棟綱や真田幸隆の譜代家老であり、海野家とは一族(分家)となる。 …
  • さくらゆき【歴史系アーティストの女性2人組】が真田一族ソングも

    さくらゆきさんと言う、2人組の歌手さんがおられますが、この「さくらゆき」さんは、歴史系の人物のイメージソング専門のアーティスト・歴史アイドル(歴ドル)として活動なさっておられます。 小栗さくらさんと、遠野ゆきの2人…
  • 右京の局とは~真田信之(真田信幸)の側室。

    右京の局(うきょうのつぼね)は真田信之(真田信幸)の側室です。 出自は諸説あり、松代城代を務めた玉川秀政(玉川伊豫守)の娘とする説と、京都で薬屋をやっていた玉屋の娘とする説があります。 ※京都の右京にいたため…
  • 平原幡繁と清光院【真田昌幸の6娘】

     平原幡繁(平原和泉守幡繁)は1520年生まれとされる。  平原城主(有利小屋城主)で、1549年に上田原の戦いで敗れた武田晴信に反旗を翻して、村上義清から500の援軍を受けて籠城している。  そして、9月2日に武田…
  • 堀田作兵衛と梅【大河ドラマ真田丸】~堀田興重とすへ・阿菊(お菊)

    2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」に登場する、真田家の家臣・堀田作兵衛と、その娘・梅に関しても追記し更新致しました。 堀田作兵衛興重(堀田興重)は真田家の家臣。 堀田作兵衛(堀田興重)の娘は、一般的には真…
  • たか・隆清院(隆性院)と御田姫(なほ)御田の方・三好幸信の生涯

    隆清院(隆性院、実名不詳・生没年不詳)は豊臣秀次の娘(次女?)である。 NHK大河ドラマ「真田丸」においては「たか」と言う姫の名で描かれるようだ。 演じる女優さんは岸井ゆきさん。 豊臣秀次の娘の母は不明であるが、元…
  • おかねと石川貞清(石川光吉)~元・犬山城主

     石川貞清(いしかわ-きよさだ)は、美濃出身の兄・石川一光の一族と言われ、石川光重の子ともあるが詳しくは分からない。  豊臣秀吉の使番である金切裂指物使番として、1590年の小田原攻めにて功績を挙げた。  初名は石川…
  • 高梨内記と娘きり【真田信繁の側室】

    高梨内記は真田昌幸の家臣で、九度山に幽閉された際に、同行した家臣16人の1人です。 そして、高梨内記の娘・采女(うめね)が、真田幸村(真田信繁)の側室となり、次女・於市と、3女・阿梅(おうめ)を産んだとされます…
  • 小野お通【小野於通、小野通】戦国時代に名を残す謎多き京の才女

    大阪夏の陣の際、江戸藩邸にた真田信之は、真田幸村(真田信繁)ず討死したとの報を受ける。 その後、真田信之が沼田城に戻った際、鈴木忠重(鈴木右近忠重)が、京都の小野のお通から預かったとされる、真田幸村(真田信繁)の遺髪を…
  • 阿梅【おうめ】とは? 真田幸村の娘・お梅のその後

    1604年生まれとされる阿梅(おうめ)は真田幸村の娘で、母は高梨内記の娘・采女(うめね)とも言われる。 ※采女とは高梨内記と言う武将の事を差しているとも推定されていますし、母親に関してはもちろん諸説あります。 こ…

最新記事

  1. 伏見城

    豊臣秀吉晩年の城・「伏見城」~築城経緯と真田父子が果たした役割~

    概要 豊臣秀吉が晩年に京都市伏見に築城した「伏見城」(京都市伏見区)は、宇治川北岸の泰長老の辺りに…
  2. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  3. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
ページ上部へ戻る