さくらゆき【歴史系アーティストの女性2人組】が真田一族ソングも

さくらゆきさんと言う、2人組の歌手さんがおられますが、この「さくらゆき」さんは、歴史系の人物のイメージソング専門のアーティスト・歴史アイドル(歴ドル)として活動なさっておられます。

小栗さくらさんと、遠野ゆきの2人組歴ドルです。歴史系アーティストの元祖と言う事らしいです。

真田家に関係するものでは、戦国武将真田一族イメージソング「炎の月」のYouTube動画がありました。

ただ、公式サイトの動画はなかったので、上記はどこかのコンサートでご披露なさったものを撮影した内容なようです。
と言うより、歌っている場所は、真田の里の「信綱寺」の前ですよね?
あれ?、良くみますと、色々な場所で撮影なさっておられるようです。大変熱心な追っかけ?の方もおられるようですね~。
下記は公式サイトの動画ですので、音質も良いですが「炎の月」は無かったので、その点が残念です。

上記は真田四代イメージソング「魂の絆―昌幸公ver.―」です。
公式サイトのものですので、音源も良いです。

率直な感想を申し上げますと、作曲がもう少し良くて、作詞とマッチすると、歌はウマイですので、もっと素晴らしい楽曲が提供できるのではと存じます。
たぶん、作曲が先で、あとから歌詞をつける事が多いのではないですかね? 違っていたら申し訳ありません。
事実に基づくような題材の時には、先に詩を作って、それに曲を合わせた方が良いと言うのが私の持論です。
あと、もう少し、歌詞は少ない方が良いと思います。(早口で歌うことにならないように)
繰り返しますが、歌はうまいですので、非常にもったいなく感じて仕方ありません。
もちろん、口で言うのは簡単でして、いつも良い曲ができたら苦労しないのですが、今後に期待です。

歴史系アーティスト「さくらゆき」

上記は、徳川家康公400年祭「駿府天下泰平まつり」のミュージックライプにて、歴史系アーティスト「さくらゆき」ライブが開催されていた時の写真です。
たまたま、駿府城を訪問しましたら、たまたまイベントがあり、また時間が合い、偶然にも楽曲を聴く機会を得ました。
このような偶然も重なって、ファンの方が増える事を願うばかりです。

下記が2015年1月に発売された最新CDです。


信濃の国 上田! !

なんと9枚目シングルと言う事ですので、結構、長くご活躍なさっておられるようです。

気になる事をもう1つだけ述べさせて頂きますと、さくらゆきさんの公式HPですが、ご覧になってお分かりの通り、このように残念ながら事務所の支援体制が充分ではないですよね。
私で良ければ、年間1000万PVの経験とノウハウを生かして、HPのSEO対策を講じスマホ対応にもし、CDのネット売上を増やす戦略も対応させて頂くのに、そのようなお声は掛からないでしょうし。
ただし、HPはこの時代、せめてスマホ対応型にしないと、検索エンジン評価が下がり、効果が充分ではないのは言うまでもありません。

ちなみに、小栗さくらさんが最も好きな人物は、土方歳三と言う事です。
さらに、ちなみに、さくらゆきのお二人様とは、どうも、昔からTwitterでのフォロー仲間?だったようです。
と言う事で「さくらゆき」さんの更なる飛躍になればと、非常に微力ではございますが、紹介させて頂きました。
今後のご活躍もお祈り申し上げます。m(__)m

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  2. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  3. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
ページ上部へ戻る