真田家の家宝である【藤四郎吉光】徳川家康から拝領した短刀


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 真田家の家宝と言えば、1600年、関ヶ原の戦いの際に、真田信幸(真田信之)が、徳川家康に味方した際に、江戸城へと人質に出された、4歳の次男・真田信政が、徳川家康より拝領した「藤四郎吉光の短刀」が有名でして、松代藩・真田家では重代の家宝として伝えられてきました。

 現在は松代の真田宝物館に収蔵されていますので、文化財としてご紹介致します。

 藤四郎吉光は通称で本名は粟田口吉光(あわたぐち-よしみつ)と言います。
 鎌倉時代中期に京の粟田口で活躍した名工であり、豊臣秀吉によって、岡崎正宗・郷義弘と共に「天下の三名工」と称されました。

 真田家の家宝もそうですが、現存する刀は短刀がほとんどであり、古来より珍重されたため、 織田信長、豊臣秀吉と言った権力者の元に置かれ、本能寺の変、大坂夏の陣で焼身になった刀が多いと言います。
 徳川家康は、その刀を探させて、一部は焼きなおされて復活を遂げさせました。

 スポンサーリンク


 なお、藤四郎吉光の短刀・刀は4つが「国宝」に指定されています。

 真田家の藤四郎吉光は、平造り三ッ棟の短刀で、刀長は24㎝、茎長11㎝で、重ねはやや厚目、板目肌がよく練れていいます。
 刃文は小沸(にえ)出来(でき)の中直刃(なかすぐは)で先栗尻との事です。

 3個の目釘穴のうち1個は金が埋め込まれており、大振りの二字銘で「吉」の字の一部が目釘穴にかかっているとの事です。
 二重ハバキは金無垢(むく)の台付で、小柄に関しては初代・後藤祐乗の作とのとこです。

 この藤四郎吉光の短刀は、松代藩が明治維新まで、とりつぶしに合わずに存続できた要因のひとつとされています。
 真田家では重宝の筆頭として、火災などの緊急時に担ぎ出す長持ちの奥深くに保管していました。
 花の丸御殿の玄関に次ぐ大広間の床の間に、腰の物、箪笥(たんす)、惣青貝の槍、大太刀とともに安置されていたと言う、番頭1人、武士5人が列座して昼夜問わず警護を怠らなかったと言います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

Twitter

 スポンサーリンク

各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

徳川家康 豊臣秀吉 井伊直虎 西郷隆盛 大久保利通 島津久光

戦国らいふ

戦国浪漫グッズ

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

陣羽織はオーダーメイド
陣羽織オーダーメイド

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
ページ上部へ戻る