大谷吉治とは~名将・大谷吉継の跡取りも大阪の陣にて豊臣勢として討死


スポンサーリンク
スポンサーリンク

大谷吉治(おおたに-よしはる)は、大谷吉継の子として1581年に生まれた。母は不明。
大谷吉継の弟か養子だとする説もある。
名前については大谷吉胤、大谷吉勝の説がある。官位は大学助。

1597年、豊臣秀吉が病状の悪化した大谷吉継を見舞うと、大谷吉治が接待役を務めている。

1598年、豊臣秀吉が死去した際には、形見分けとして「鐘切りの刀」を受け取った。

1599年には、徳川家康の命を受けて、失脚していた石田三成の内衆と共に、会津討伐のため越前表まで出兵もしている。
その後、石田三成が父・大谷吉継に挙兵を表明したため、西軍に転換。

 スポンサーリンク


1600年、関ヶ原の戦いでは父・大谷吉継と共に西軍に味方し、北陸にて前田利長勢を牽制して足止めしたあと、関ヶ原に転戦したが、小早川秀秋の裏切りにあい大谷勢は壊滅し、父・大谷吉継は自害。
この時、大谷吉治は逃亡を勧められて敦賀に落ち延び、その後は各地を転々とした。
弟・大谷頼継(木下頼継)と一緒に逃亡したが、途中ではぐれこの年に15歳で病死している。

1614年、大阪冬の陣の際には、豊臣秀頼淀殿の呼びかけに応じて大阪城に入り、100名の部隊長に任命されている。

兄弟とされる竹林院真田幸村の正室と言う縁で、真田幸村は義理の兄にあたる。
そのためか、大阪夏の陣では真田幸村の配下に加わり、道明寺の戦い、1615年5月7日の天王寺・岡山の戦いに参戦した。
しかし、徳川勢の先鋒・松平忠直との戦闘にて、14時30分頃、家老・本多富正の配下の者により討たれて討死した。

子の大谷吉之は戦後帰農したとされている。

父・大谷吉継の雄姿~関ヶ原の戦いでも石田三成に加勢
関ヶ原の大谷吉継の墓や大谷吉継陣跡など大谷吉継の史跡への行き方
関ヶ原実用観光マップ作りました〜関ヶ原の戦い史跡観光スポット情報
志紀長吉神社と道明寺の戦い【志紀長吉神社訪問記】真田幸村ゆかりの地
三光神社(真田丸跡)と真田幸村の抜け穴?【訪問記・写真集】
安居神社(安井神社、安居天満宮)~恐れることなく戦い散った真田幸村最後の地

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

徳川家康 豊臣秀吉 井伊直虎 西郷隆盛 大久保利通 島津久光

戦国らいふ

戦国浪漫グッズ

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

陣羽織はオーダーメイド
陣羽織オーダーメイド

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
ページ上部へ戻る