タグ:大阪冬の陣

  • 片倉景綱 片倉重長 智勇と温情を兼ね備えた片倉小十郎

    片倉景綱(かたくら-かげつな)は、伊達政宗の家臣で軍師的な役割を担った重臣であるが「片倉小十郎」と言った方が分かりやすいだろう。 片倉景綱(片倉小十郎)は、1557年に片倉景重の次男として誕生した。 母は本沢…
  • 真田幸村出丸城跡

    「真田丸」の実態を探究する 範囲・規模・構造などに関する新しい説

    従来の真田丸 真田丸は1615年の大坂冬の陣において、大坂城に入城した真田信繁(幸村)が造営した出丸である。 信繁は作戦方針を巡り、後藤又兵衛らの浪人衆とともに、城から打って出る積極策を提案するが、大野治長らの豊…
  • 真田栗毛の墓~大分にあった真田幸村の愛馬の墓

    九州は大分県大分市、JR豊肥本線の滝尾駅から歩いて5分の距離にある「碇山」には、真田栗毛の墓があります。 真田栗毛(さなだくりげ)と言うのは、真田家が所有していた栗毛の馬で、その馬の墓があると言う事になります。…
  • 青柳清庵~九度山に同行した真田家臣と青柳千弥?

    青柳清庵(あおやぎ-せいあん)は1550年?生まれとされる。 元々、青柳家と言うのは、北信濃で君臨した村上義清の家臣で、武田信玄が川中島へ進出を図った際に、真田幸隆によって調略されて、武田家臣になった。 この…
  • 伊木遠雄~真田丸における真田幸村の軍監

    伊木遠雄(いき-とおかつ/いき-とおたけ)は、尾張の出身・伊木忠次の長男で1567年生まれ。通称は伊木半七。伊木七郎右衛門。 なお、伊木家は平清盛の末裔とされている。 豊臣秀吉の近習として仕えると、賤ヶ岳の戦いで戦功…
  • 大阪の真田丸関連史跡めぐりの歩き方に役立つ観光スポット一覧リスト

    2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」にて、まさに大注目の大阪府・和歌山県の真田信繁(真田幸村)ゆかりある史跡・観光スポットをご紹介致します。 まずは大阪府の史跡からご紹介させて頂きますが、大阪府では主に大阪冬…
  • 心眼寺の訪問記【真田丸の跡地にある真田幸村ゆかりの寺院】

    大阪の心眼寺(しんがんじ)は、1622年に白牟和尚(はくむ)が、真田信繁(真田幸村)と真田大助の冥福を祈るために創建した堂舎です。 白牟上人は滋野氏の一族であると言う説もあり、創建から寺の定紋は六文銭で、山号は真田山と…
  • 真田丸のロケ地予想【NHK大河ドラマ真田丸】

     2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」において、先日、ようやくキャスト(出演者)の2次発表がありましたが、これまでのパターンですと、8月初めには大河ドラマの撮影が開始されます。  そんな「真田丸」の撮影ロケ地は、どこ…
  • 恩田越前守と恩田伊賀守~沼田衆

     恩田家は、上野・沼田庄恩田(群馬県沼田市)の土豪で、1561年の段階では沼田衆に、恩田孫五郎・恩田与右兵衛尉の名がみえ、上杉謙信の支配下に加わっていたとみられる。  1579年に北条氏政が沼田城を領国としたが、そ…
  • 真田十勇士とは~真田十勇士の一覧リスト

    真田十勇士とは戦国時代に、真田幸村に付き従ったとされる10人の家臣です。 とは言え、物語の創作上の人物です。 ただし、何人かは実在の人物をモデルにしていると考えられています。 真田十勇士の起源は、講談を書籍にし…

最新記事

  1. 伏見城

    豊臣秀吉晩年の城・「伏見城」~築城経緯と真田父子が果たした役割~

    概要 豊臣秀吉が晩年に京都市伏見に築城した「伏見城」(京都市伏見区)は、宇治川北岸の泰長老の辺りに…
  2. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  3. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
ページ上部へ戻る