真田十勇士とは戦国時代に、真田幸村に付き従ったとされる10人の家臣です。
とは言え、物語の創作上の人物です。
ただし、何人かは実在の人物をモデルにしていると考えられています。

真田十勇士の起源は、講談を書籍にして発刊し、大正時代に大人気となった「立川文庫」です。
あの水戸黄門なども、立川文庫が発祥と言われています。

真田十勇士

江戸時代に入ると、徳川家康と真田幸村の一族との戦いを描いた「真田三代記」と言う講談が人気となっり、それを元に忍者の「猿飛佐助」「霧隠才蔵」、元は敵だった家臣「由利鎌之助」など、真田三勇士ができました。

その後、真田三代記より人気の家臣・武将が加わり、最終的には真田十勇士として作品化されるに至ります。

こうして、他の時代劇と同様に、何度も小説や漫画の題材となり、舞台や映像化もされました。
2016年9月にも映画と舞台での同時公開となりました。



猿飛佐助
霧隠才歳
三好清海入道
三好伊三入道
穴山小助
由利鎌之介
海野六郎
根津甚八
望月六郎  
筧十蔵

※作品によっては登場人物が変わったり、名前が変わったり致します。
※ページトップ写真は、信州上田おもてなし武将隊「真田幸村と十勇士」の皆さまの写真でございます。

真田家の忍者家臣・真田忍者とは?
映画「真田十勇士」出演者・キャスト情報一覧(2016年9月劇場公開)


真田十勇士と戦国最後の英雄、よくわかる真田十勇士誕生の謎

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







関連記事

コメント

    • 望月英樹
    • 2019年 12月 24日

    初めまして、自分は望月と言う者ですサイトを見ていたら思わずコメントをせずには居られず書かせて頂きました、と言いますのも自分の父親が群馬県の沼田市出身で自分が幼少期によく祖父からうちのご先祖様は真田家に縁があると聞かされていました、ちなみに祖父の名前は八郎でした、もしかしたらですが真田十勇士の一人の望月六朗様と関係があるのではと思います、沼田市内でも望月と言う苗字は少ないと聞いています、
    ご縁があれば今度そちらの方へ伺わせて頂きたいと思います、

  1. 2015年 6月 21日
  2. 2015年 6月 29日
  3. 2015年 7月 01日
  4. 2015年 7月 03日
  5. 2015年 7月 03日
  6. 2015年 7月 04日
  7. 2015年 7月 12日
  8. 2015年 9月 02日
  9. 2015年 9月 09日
  10. 2015年 9月 09日
  11. 2015年 11月 04日
  12. 2016年 1月 05日
  13. 2016年 2月 12日
  14. 2016年 3月 12日
  15. 2016年 5月 30日
  16. 2016年 9月 12日
  17. 2016年 9月 29日
  18. 2016年 9月 29日
  19. 2019年 2月 23日

最新記事

  1. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  2. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  3. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
ページ上部へ戻る