海野六郎(うんの-ろくろう)は、真田十勇士に登場する人物で、実在した真田家の家臣がモデルとされている。
 「真田三代記」では、海野六郎兵衛利一(1571年~1615年)として登場し、他に海野小平太がモデルとの説もある。

 海野六郎兵衛利一は、羽尾輝幸の3男とされる。
 その場合、羽尾家は海野一族なので、真田家とも一族と言えるが、真田昌幸が羽尾家を滅ぼしたと言う一面もある。

 なお、海野六郎は大坂夏の陣にて、徳川勢に偽情報を流し、撹乱したと伝わり、討死したと言うが詳細は不明。
 ただし、史実において徳川勢は「紀州浅野家が裏切った」と言うデマにて大混乱に陥っている。

 出雲阿国の歌舞伎踊りが好きで、見に行った海野六郎が一緒に踊ると、それを気に入った真田幸村が影武者に任じたとされる。

 なお、小県の海野家直系は絶えている為、城代や家老などの重臣が海野姓を与えているケースもあり、海野姓とは言え、真田一族であるとの確証は得られない。



 しかし、真田十勇士の中で一番の古参とされ、真田幸村が最も頼りにした右腕とされる。

 気位が高く、頭脳明晰の参謀格であり、根津甚八とともに奥州の情勢を探った。

 大坂の陣のあとは、真田幸村と共に薩摩落ちをしたと言うのが物語の終わり。

 →真田十勇士とは~真田十勇士の一覧リスト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  2. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  3. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
ページ上部へ戻る