タグ:大阪の陣

  • 真田幸村出丸城跡

    「真田丸」の実態を探究する 範囲・規模・構造などに関する新しい説

    従来の真田丸 真田丸は1615年の大坂冬の陣において、大坂城に入城した真田信繁(幸村)が造営した出丸である。 信繁は作戦方針を巡り、後藤又兵衛らの浪人衆とともに、城から打って出る積極策を提案するが、大野治長らの豊…
  • 青柳清庵~九度山に同行した真田家臣と青柳千弥?

    青柳清庵(あおやぎ-せいあん)は1550年?生まれとされる。 元々、青柳家と言うのは、北信濃で君臨した村上義清の家臣で、武田信玄が川中島へ進出を図った際に、真田幸隆によって調略されて、武田家臣になった。 この…
  • 伊木遠雄~真田丸における真田幸村の軍監

    伊木遠雄(いき-とおかつ/いき-とおたけ)は、尾張の出身・伊木忠次の長男で1567年生まれ。通称は伊木半七。伊木七郎右衛門。 なお、伊木家は平清盛の末裔とされている。 豊臣秀吉の近習として仕えると、賤ヶ岳の戦いで戦功…
  • 片倉景綱と片倉重長~智勇と温情を兼ね備えた片倉小十郎

    片倉景綱(かたくら-かげつな)は、伊達政宗の家臣で軍師的な役割を担った重臣であるが「片倉小十郎」と言った方が分かりやすいだろう。 片倉景綱(片倉小十郎)は、1557年に片倉景重の次男として誕生した。 母は本沢…
  • 大阪の真田丸関連史跡めぐりの歩き方に役立つ観光スポット一覧リスト

    2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」にて、まさに大注目の大阪府・和歌山県の真田信繁(真田幸村)ゆかりある史跡・観光スポットをご紹介致します。 まずは大阪府の史跡からご紹介させて頂きますが、大阪府では主に大阪冬…
  • 安居神社(安井神社、安居天満宮)~恐れることなく戦い散った真田幸村最後の地

    大阪の一心寺から国道25号線を挟んで向かいにある、菅原道眞公と少彦名神が御祭神の安居神社(安居天満宮)は、大阪夏の陣で真田幸村(真田信繁)が討死した場所とされています。 1615年5月7日、子の真田大助を大阪城…
  • 心眼寺の訪問記【真田丸の跡地にある真田幸村ゆかりの寺院】

    大阪の心眼寺(しんがんじ)は、1622年に白牟和尚(はくむ)が、真田信繁(真田幸村)と真田大助の冥福を祈るために創建した堂舎です。 白牟上人は滋野氏の一族であると言う説もあり、創建から寺の定紋は六文銭で、山号は真田山と…
  • 真田十勇士とは~真田十勇士の一覧リスト

    真田十勇士とは戦国時代に、真田幸村に付き従ったとされる10人の家臣です。 とは言え、物語の創作上の人物です。 ただし、何人かは実在の人物をモデルにしていると考えられています。 真田十勇士の起源は、講談を書籍にし…
  • 海野六郎と海野六郎兵衛利【真田十勇士】

     海野六郎(うんの-ろくろう)は、真田十勇士に登場する人物で、実在した真田家の家臣がモデルとされている。  「真田三代記」では、海野六郎兵衛利一(1571年~1615年)として登場し、他に海野小平太がモデルとの説もある…
  • 霧隠才歳と霧隠鹿右衛門~真田十勇士

    霧隠才蔵(きりがくれ-さいぞう)は、真田十勇士に登場する人物で、浅井長政の家臣・霧隠弾正左衛門の遺児と言う設定になっている。 浅井家が滅亡したあと、郎党と共に伊賀・名張に隠れ住み、百地三太夫から伊賀流忍術の極意を受けた…

最新記事

  1. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  2. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  3. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
ページ上部へ戻る