スポンサーリンク
スポンサーリンク

青柳清庵(あおやぎ-せいあん)は1550年?生まれとされる。

元々、青柳家と言うのは、北信濃で君臨した村上義清の家臣で、武田信玄が川中島へ進出を図った際に、真田幸隆によって調略されて、武田家臣になった。
この時、青柳近江守、青柳伊勢守と言う武将も武田家臣となっている。

武田家において青柳家は、真田家の家臣に組み込まれ、武田勝頼が自刃して滅亡したあとは、真田昌幸を頼った。

その真田家の重臣が青柳頼長(青柳青庵頼長)、すなわち青柳清庵と言う事になる。
青柳清安、青柳長迪とも言う。

 スポンサーリンク


1600年の関ヶ原の戦いの際には、第2時上田城の戦いにて徳川秀忠勢と戦った。

その後、蟄居となった真田昌幸と真田信繁(真田幸村)に従って、高梨内記池田綱重らと九度山に同行。
この時同行したメンバー16名は、池田長門守、原出羽守、高梨内記、小山田治左衛門、田口久左衛門、窪田作之丞、関口角左衛門、関口忠右衛門、河野清右衛門、青木半左衛門、飯島市之丞、石井舎人、前島作左衛門、三井仁左衛門、大瀬儀八、そして青柳清庵となる。

青柳清庵は真田昌幸の死後も、そのまま九度山にて真田信繁に仕え、苦労を共にした数少ない家臣のひとりとなったようだ。

1614年に真田信繁(真田幸村)が豊臣秀頼の招きに応じて、大阪城に入った際には、三井豊前・高梨采女・青柳千弥と言う武将がいる。

この青柳千弥は、青柳清庵の事であると推定されており、高梨采女は高橋内記と考えられており、真田信繁(真田幸村)を補佐して大阪の陣にて戦った。

高野山蓮華定院の書物では、青柳千弥は良く働き、討死しけりとある。

高梨内記と娘きり【真田信繁の側室】
真田昌幸~戦国時代を巧みに生き抜き真田家を守った名将
九度山とはどんなところ 真田庵・真田屋敷

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 10月 05日

各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

徳川家康 豊臣秀吉 井伊直虎 西郷隆盛 大久保利通 島津久光

戦国らいふ

戦国浪漫グッズ

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

陣羽織はオーダーメイド
陣羽織オーダーメイド

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
ページ上部へ戻る