於きた【於北殿・於北様】~真田信綱の正室?

於きた(於北殿・於北様、きた)は中野の箱山城主・高梨政頼の娘です。

井上城主・井上清政(井上次郎座衛門)の養女になってから、真田家の跡取りである真田信綱に嫁いだと推定されますが、正室ではなく側室であったとも考えられます。
ただし、真田信綱の妻は北殿しか確認できていません。
「小県郡御図帳」によると、北さま知行として合計13筆80貫文とあり、娘を1人産んだようです。

真田幸隆の死後、真田信綱は真田家当主として武田勝頼に従いましたが、長篠の戦いで、弟・真田昌輝と共に討死してしまいました。

真田信綱には、別の女性との間に設けたと考えられる、真田信興、真田信光の2人の子がいましたが、まだ幼かったようで、武田勝頼は真田家当主に真田昌幸を命じます。



真田信綱は「信綱寺」に弔むられ、北殿は、真田の里にある真田信綱の館で余生を過ごしたと言います。
真田家を継いだ真田昌幸の正室・山手殿は思いがけず、宗家の奥方となりましたが、戦国の習いとはいえ、北殿は対照的です。

北殿の娘は、のちに真田昌幸の嫡男・真田信之の正室に上がります。
しかし、のち徳川家康の養女・小松殿を正室に迎えたため、北殿の娘は側室に格下げとなりました。

真田信綱の館跡近くには、現在、廣山寺(広山寺)があり、そこに北殿の墓もあります。

高梨政頼と北信濃で君臨した高梨氏館跡~高梨頼親も

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最新記事

  1. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  2. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  3. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
ページ上部へ戻る