タグ: 真田十勇士

三好宗渭 真田十勇士「三好清海入道」のモデル武将

三好三人衆の一人で、真田十勇士の三好清海入道のモデルと言うと、信長の野望シリーズを遊んでいる方はすぐに「三好政康」の名前が出てくると思いますが、三好宗渭(みよし-そうい)の本名は三好政勝(みよし-まさかつ)が正しい名前のようで、弟には三好為...

真田栗毛の墓~大分にあった真田幸村の愛馬の墓

九州は大分県大分市、JR豊肥本線の滝尾駅から歩いて5分の距離にある「碇山」には、真田栗毛の墓があります。真田栗毛(さなだくりげ)と言うのは、真田家が所有していた栗毛の馬で、その馬の墓があると言う事になります。この真田栗毛(馬)は、大阪冬の陣...

真田信繁グッズのご紹介【真田丸】真田幸村

真田丸で注目の「真田幸村(真田信繁)」に関するグッズを色々とご紹介してみたいと存じます。真田幸村 刀なんと言っても刀ブームですので、真田幸村の模造刀はいかがでしょうか?こんなの飾ってあったら、うれしいですよね。各写真はクリックすると詳細がわ...

真田十勇士とは~真田十勇士の一覧リスト

真田十勇士とは戦国時代に、真田幸村に付き従ったとされる10人の家臣です。とは言え、物語の創作上の人物です。ただし、何人かは実在の人物をモデルにしていると考えられています。真田十勇士の起源は、講談を書籍にして発刊し、大正時代に大人気となった「...

海野六郎と海野六郎兵衛利【真田十勇士】

 海野六郎(うんの-ろくろう)は、真田十勇士に登場する人物で、実在した真田家の家臣がモデルとされている。 「真田三代記」では、海野六郎兵衛利一(1571年~1615年)として登場し、他に海野小平太がモデルとの説もある。 海野六郎兵衛利一は、...

霧隠才歳と霧隠鹿右衛門~真田十勇士

霧隠才蔵(きりがくれ-さいぞう)は、真田十勇士に登場する人物で、浅井長政の家臣・霧隠弾正左衛門の遺児と言う設定になっている。浅井家が滅亡したあと、郎党と共に伊賀・名張に隠れ住み、百地三太夫から伊賀流忍術の極意を受けた。そして真田幸村(真田信...

禰津元直と根津政直と禰津昌綱(根津信光)とは

禰津元直(ねづ-もとなお)は、信濃の小県郡禰津を本拠地とする戦国武将で、1495年生まれ。根津元直、祢津元直とも書く。官途は宮内大輔。禰津常安斎とも。子は禰津勝直、禰津政直、禰津信忠。1541年、武田信虎が小県へ侵攻した際に村上義清の軍勢に...

天王寺・岡山の戦い~真田幸村最後の雄姿

大阪冬の陣での最後の戦いである「天王寺・岡山の戦い」。いわば、戦国時代の終焉ともされる戦国最後の戦とも言えるだろう。豊臣勢は前日の戦いで、後藤又兵衛・木村重成・薄田兼相・塙直之など多数の勇将を失い、1615年5月7日の未明、徳川勢に対して大...

別所温泉の外湯「石湯」真田幸村の隠し湯

 長野県にある別所温泉の外湯「石湯」をご紹介致します。 この石湯は、小さな外湯ですが、なんと「真田幸村の隠し湯」と言う触れ込みになっております。 ちょっと調べて見ましたら、池波正太郎さんが著作した「真田太平記」の中で、真田幸村とお江と言う女...