真田家の家訓としては下記のような物が伝わっています。

 真田の武士は
 命を粗末にしない
 どんなことがあっても
 生き延びること
 草や、泥を食っても生きながらえること
 そして戦で九分九厘
 死ぬと思っても
 最後の最後まで
 生きることの算段をして
 命を全うするのだ。

 真田幸隆が残した家訓とされています。



 簡単に言うと「死ぬまで諦めず生きろ」と言う事です。
 諦めてしまったら、そこで終わりだとも言いかえる事ができるでしょう。

 これは当たり前の事でもあるが、不利な状況となると「切腹」するような仙石時代であることを考慮すると、実に理に適っていると言えると思います。

 死ぬ瞬間まであきらめなければ、何が起こるかわからないですよね?

 関ヶ原の戦いで敗れた石田三成も、捕えられて、惨殺される直前まで「生」に執着していたと言います。

 何か「大願」を志した時には、最後まで諦めない。
 この言葉を胸に、頑張りたいものです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  2. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  3. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
ページ上部へ戻る