真田家の家訓

「真田家の家訓」のアイキャッチ画像

 真田家の家訓としては下記のような物が伝わっています。

 真田の武士は
 命を粗末にしない
 どんなことがあっても
 生き延びること
 草や、泥を食っても生きながらえること
 そして戦で九分九厘
 死ぬと思っても
 最後の最後まで
 生きることの算段をして
 命を全うするのだ。

 真田幸隆が残した家訓とされています。



 簡単に言うと「死ぬまで諦めず生きろ」と言う事です。
 諦めてしまったら、そこで終わりだとも言いかえる事ができるでしょう。

 これは当たり前の事でもあるが、不利な状況となると「切腹」するような仙石時代であることを考慮すると、実に理に適っていると言えると思います。

 死ぬ瞬間まであきらめなければ、何が起こるかわからないですよね?

 関ヶ原の戦いで敗れた石田三成も、捕えられて、惨殺される直前まで「生」に執着していたと言います。

 何か「大願」を志した時には、最後まで諦めない。
 この言葉を胸に、頑張りたいものです。