真田之親(石田之親)とは~讃岐に逃れた信繁の子?

 真田之親(さなだ-ゆきちか)の生没年不詳。
 真田幸村(真田信繁)の4男とされるが、母などは不明。
 別名としては石田之親、石田権左衛門とある。

 真田幸村が九度山で蟄居していた際に、百姓の娘に産ませた子とも伝わる。
 ただし、大坂冬の陣の前には生まれていたようだ。



 1615年、大坂夏の陣のあと、讃岐に逃れると細川国弘(石田国弘)の保護を受け、2年後に養子になったと言う。

 「全讃史」では、真田幸村が大坂城から脱出して讃岐に至り、その地で生まれた子が真田之親であるとされている。

 その子孫が、明治に入ってから真田姓に復した。

 →大坂の陣のあとの真田信繁(真田幸村)の家族動向 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  2. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  3. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
ページ上部へ戻る