真田之親(石田之親)とは~讃岐に逃れた信繁の子?

「真田之親(石田之親)とは~讃岐に逃れた信繁の子?」のアイキャッチ画像

 真田之親(さなだ-ゆきちか)の生没年不詳。
 真田幸村(真田信繁)の4男とされるが、母などは不明。
 別名としては石田之親、石田権左衛門とある。

 真田幸村が九度山で蟄居していた際に、百姓の娘に産ませた子とも伝わる。
 ただし、大坂冬の陣の前には生まれていたようだ。



 1615年、大坂夏の陣のあと、讃岐に逃れると細川国弘(石田国弘)の保護を受け、2年後に養子になったと言う。

 「全讃史」では、真田幸村が大坂城から脱出して讃岐に至り、その地で生まれた子が真田之親であるとされている。

 その子孫が、明治に入ってから真田姓に復した。

 →大坂の陣のあとの真田信繁(真田幸村)の家族動向