スポンサーリンク
スポンサーリンク

 真田信繁(真田幸村)は真田昌幸の次男である。
 戦国時代には多くの武将が後世に名を残しているが、その多くは「長男(嫡男)」である。
 理由は簡単だ。
 家督を継ぐのは世襲制であり、よっぽどな事が無い限りは長男に継承権があったためだが、もちろん、その長男が討死・病死するなどして、次男や三男が家督を継いだケースもある。
 実際、真田幸村の父・真田昌幸は、真田幸隆の3男で、武藤家の養子に出されていたが、2人の兄・真田信綱と真田昌輝長篠の戦いで揃って討死したため、武田勝頼から真田本家を継ぐようにと命じられたのだ。

 歴史に「もしも(if)」は禁句ではあるが、兄2人が存命であったならば、真田家も武田勝頼と共に滅亡していたかも知れず、真田昌幸の優れた軍略も発揮することなく、埋もれた武将になったかも知れない。
 最も、このあたりは「運命」であり、私も含めて皆が、明日はどうなるかわからないのと同じである。

 そんな、三男坊・真田昌幸の長男でもなく、次男であった真田幸村の名が、世の中に知れ渡る可能性は、もともと低かったのだ。
 その反面、長篠の戦いで討死した長男の子・真田信興は、本来であれば真田家を継ぐ立場であったが、長篠の戦いで父を失ったあとの動向は全く不明である。

 結果的に、真田家の家督を継いだ父・真田昌幸は能力を発揮し、上田合戦(上田城の戦い)にて2度に渡り、何倍もの徳川の大軍を撃退することに成功し、その智略は日の本に轟いた。
 もちろん、真田信繁(真田幸村)や兄・真田信之も活躍や、真田家臣の死に物狂いの尽力もあった事だろうが、総指揮官は真田昌幸であるため、真田昌幸の成果として知れ渡る事となる。

 でも逆の捉え方をすると、真田信之と真田幸村はただ父の命に従っただけで、何もしていないと言う方もおられる。
 実際、大阪の陣が発生せず、真田丸を築いて徳川勢相手に活躍する事が無ければ、真田幸村の名は単なる真田昌幸の次男で生涯を終えたことだろう。

 スポンサーリンク


徳川家康も最初は安心していた

 大阪冬の陣が始まるまで、真田幸村は実績はないと言っても過言ではない無名武将である。
 真田が大阪城に入ったと聞いた徳川家康も、真田昌幸は既に亡くなっていると聞き、開戦前は心配していなかった。
 真田信繁(真田幸村)が45歳のときに父・真田昌幸が亡くなり、それまで九度山にて従っていた真田家臣も多くは上田に帰っていた。

 要するに、真田丸で活躍し、その名が知られたのは、既に体力も落ち、歯も抜けて出家した、50歳近くのいい年である真田幸村に、思いがけず一矢報いる機会が与えられた訳で、そういう意味では、淀殿豊臣秀頼に感謝しなくてはならず、人生、何があるかは本当にわからない。

 日本人は、強い力には叶わないと分かっていても、命を掛けて対抗する人物に憧れる節があるように感じる。

 特に、徳川家康が築いた平和な江戸時代には、そのような英雄話も少なく、結果的に源義経の伝説や、山本勘助の軍略と言った話が「物語」となり、浄瑠璃や歌舞伎の演目にもなり、絵草子としても庶民を楽しませた。前田慶次もそうである。
 かつて書物や演劇だった英雄物語が、現在の世の中ではテレビドラマ・映画だけでなく、ゲームなどにも転化されて、若者を中心に戦国BASARAなどで戦うまでに至ったが、これも英雄へのあこがれが多少なりともあるのは間違いない。

 このような中で、大阪夏の陣で徳川家康を怖がらせたと言う真田幸村の話も大きくなり、おおいに呼び「」と言う創作本が出版され「英雄化」されるに至ったのである。

 最後になるが、現存する真田幸村が出した書状には「幸村」との名を1度も記載してしない。
 大阪の陣で大阪城に入ってからも、幸村の名は使っておらず一貫して本名の「真田信繁」を名乗っている。
 幼名は弁丸で、のち源次郎を名乗り、元服して「信繁」になったのは、優秀な武将であった武田信玄の弟・武田信繁を武人として尊敬したいた父・真田昌幸が「兄を良く補佐するように」と名づけたとされている。

 江戸時代に書かれた寛文12年(1672年)の軍記物「難波戦記」に、初めて真田幸村の名が登場しており、作者である万年頼方・二階堂行憲が産みの親だと言う事になる。
 すなわち、江戸時代には、真田信繁の事は「真田幸村」として知れ渡り、その活躍が英雄的であったことから、のち真田十勇士と言う物語を更に産み、すっかり架空の人物・真田幸村像ができたしまったと言えよう。

 と言う事で三谷幸喜さんが手がけ、堺雅人さんが主演する「」も非常に楽しみだが、できる限り史実にそった内容となり、架空の人物を極力登場させないで欲しいと願う。
 しかし、面白おかしく描くことに秀でた三谷幸喜さんの事だから、無理かな~?

 以上、ご高覧誠にありがとうございました。皆様もご意見などございましたら、下記のコメント欄よりご投稿願えますと幸いです。

活躍が知られている「真田幸村」の詳細年表はこちら
大阪の真田幸村ゆかりの地
大河ドラマ「真田丸」展~NHK渋谷のスタジオパーク企画展
大河ドラマ「真田丸」のあらすじはこちら


真田丸DVD

真田信繁(真田幸村)で大阪の陣を戦ってみた攻略法【信長の野望・創造-戦国立志伝】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 7月 06日
  2. 2015年 9月 07日
  3. 2015年 9月 08日
  4. 2015年 9月 08日
  5. 2015年 9月 09日
  6. 2015年 10月 20日
  7. 2015年 11月 23日
  8. 2015年 12月 12日
  9. 2015年 12月 20日
  10. 2016年 1月 15日
  11. 2016年 1月 25日
  12. 2016年 2月 12日
  13. 2016年 2月 12日
  14. 2016年 3月 17日
  15. 2016年 6月 18日
  16. 2016年 7月 07日

 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

真田信繁 真田昌幸 小松姫と真田信之 豊臣秀吉 石田三成 淀殿 徳川家康 坂野惇子
戦国らいふ
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る