姉山甚八 真田家の忍者

「姉山甚八 真田家の忍者」のアイキャッチ画像

 姉山甚八(あねやまじんぱち)は、真田家の草の者。
 すなわち忍者である。

 おなじ草の者である女忍・お江や、奥村弥五兵衛らと共に、甲賀の山中に潜入。
 山中忍びの牛原の茂兵衛と戦うと、甲賀の飛苦無を肩に受けて大怪我を負った。

 甲賀からの撤退する際には、奥村弥五兵衛の助けもあり、なんとか山中忍びを振り切っている。



関ヶ原の戦いで負傷

 その後、石田三成のと徳川家康の「関ヶ原の戦い」で、奥村弥五兵衛が率いる、徳川家康・奇襲部隊に選ばれた、14名のひとりとして参加。
 7ヶ所の傷を負い、無念の中、伊吹の忍び小屋にて息をひきとったと言う。

 以上が、真田太平記にて放送された内容となる。

 真田忍者

コメント(1件)

  • 正木健久 より:

    姉山甚八は関ヶ原合戦後も存命しており、合戦後に向井佐助と共に壺谷又五郎捜索の為、戦場に赴いて、首のない又五郎の遺骸を発見するというシーンがありました。それ以降も登場シーンはあったので、恐らく大坂夏の陣で他の草の者と共に討死したのではないかと思われます。実際に演じられた澁谷天外師匠に、これからお会いするので、機会があれば御本人に確認してみたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください