横谷幸重と横谷重氏とは【佐助の兄なのか?】

「横谷幸重と横谷重氏とは【佐助の兄なのか?】」のアイキャッチ画像

 横谷幸重(よこや-ゆきしげ)は、通称を横谷左近と言い、真田忍者として知られる。

 父は横谷惣右衛門。弟に横谷惣左衛門幸秀と、横谷庄八郎重氏がいる。

 もともとは雁ヶ沢城を本拠とする土豪で、真田昌幸真田信之の2代に仕えた。

 出浦清種(出羽清種、出羽左衛門尉清種)と共に吾妻忍び衆の棟梁を務め、真田忍者集団の頭領の双璧として並び称される。

 真田昌幸の参加したほぼ全ての合戦にその名が見られ、出浦対馬守配下の吾妻衆のひとりである。

 真田昌幸の上州攻略の際には、馬廻を務めている。

 真田信之に従い、東軍として関ヶ原の戦いと大阪の陣にも参加。

 弟の横谷重氏(横谷庄八郎重氏)は、真田幸村に従っており、兄弟は敵味方に分かれている。
 なお、横谷重氏は真田信繁(真田幸村)と共に討死した。

 この横谷重氏は、真田十勇士に登場する猿飛佐助のモデルともされており、そうなると、横谷幸重は、佐助の兄とも言える。