龍岸寺~甲斐にて幕末まで存続した真田一族に縁ある古刹


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 山梨県の長坂にある徳雲山龍岸寺は、真田一族である真田隠岐守信尹の墓所なのですね。
 この真田信尹は、真田幸隆の4男とされています。
 すなわち、真田信綱、真田昌輝真田昌幸の弟となります。

 1582年に武田勝頼が自決したあとは、真田昌幸とは別の独自路線を取り、真田信尹はすぐに徳川家康に仕えています。
 その後、徳川家の旗本となり大阪の陣の功績で、甲斐巨摩郡に知行地を与えられ、大蔵村(須玉町大蔵)に居住しました。
 近年には、その屋敷跡が発掘調査もされています。
 このように松代藩主となった真田信之とは別の真田家を起こしており、幕末までここ長坂を知行した徳川幕府の旗本だったのです。

 スポンサーリンク


 大変風情ある山門には六文銭が施されています。

 

 龍岸寺の本堂には「六文銭」の寺紋があります。
 ※各写真はクリックすると拡大します。

 

 真田信尹が、龍岸寺を菩提寺として中興開祖となりました。
 龍岸寺の6世・利山玄益和尚の時に本堂を再建したり諸堂を建築したのです。

 

 上記が真田信尹の墓所です。
 本堂の左側にある丘の途中にあります。
 上がって行けば案内板があるので、すぐにわかります。

 

 墓石がいくつかありまして、どの墓が真田信尹の墓なのか?
 また正室・馬場信春の娘の墓もあるのか?
 良く分かっていないようなのですが、木の左にある一番立派なのが真田信尹の墓であると推定して良いでしょう。
 伝承によると、真田信尹、馬場信春の娘、真田幸政、真田幸信の三代が葬られていると言います。
 私が訪問させて頂いた際には、足場の補強工事をなさっていましたので、ブルーシートが掛かっておりました。
 真田丸放送で訪問者が増えるのを予想してでしょうかね?

 さて、龍岸寺へのアクセス・行き方ですが、カーナビでも寺の名前が表示されません。
 下記の地図ポイント地点の場所は、無料駐車場への入口を指しています。
 道も広くはありませんので、地図を良く見てお出掛け願います。
 
 

 →真田信尹とは

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

Twitter

 スポンサーリンク

各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

徳川家康 豊臣秀吉 井伊直虎 西郷隆盛 大久保利通 島津久光

戦国らいふ

戦国浪漫グッズ

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

陣羽織はオーダーメイド
陣羽織オーダーメイド

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
ページ上部へ戻る