吾妻与惣左衛門と穴山小助の娘

 吾妻与惣左衛門(我妻佐渡守、吾妻佐渡守)は、真田幸村の家臣であった三井景国の家来です。

 1615年、大阪夏の陣の際には、真田幸村の次男・真田大八と、阿梅・阿菖蒲おかね、そして付き添い役となった穴山小助の娘が、京都に滞在していた伊達政宗の重臣・片倉重綱に送り届けられた際に、護衛していたのが我妻佐渡(吾妻与惣左衛門)と西村孫之進です。

 そのまま、江戸の伊達藩邸、そして白石城へと共に同行して、片倉重綱の家臣に加わった際に、我妻与惣左衛門(あがつまよそうざえもん)と改名したようです。

 その後、穴山小助の娘と結婚して、白石にて1660年に死去した模様です。

穴山小助とは?



白石にある真田幸村の墓と阿菖蒲の墓【田村家墓所】







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 8月 08日
  2. 2015年 9月 09日

最新記事

  1. 伏見城

    豊臣秀吉晩年の城・「伏見城」~築城経緯と真田父子が果たした役割~

    概要 豊臣秀吉が晩年に京都市伏見に築城した「伏見城」(京都市伏見区)は、宇治川北岸の泰長老の辺りに…
  2. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  3. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
ページ上部へ戻る