樋口四角兵衛【樋口角兵衛】とは? 真田太平記

 樋口角兵衛(ひぐち-かくべえ)は、樋口鑑久(樋口下総守鑑久)の子で、母は久野と言う。
 この母・久野は、真田昌幸の正室である山手殿の妹とされる。

 甲斐の甲府にいた際には、向かってきた暴れ馬を押しつけたという逸話がある。

 武勇に優れた武将で、怪力無双の巨漢であった。

 父・樋口鑑久が武田勝頼が自害した際に殉死したため、母・久野とともに真田家に身を寄せる。

 大谷吉継が名刀・宗吉を真田幸村に譲ったのだが、その名刀をスゴロク(サイコロ)の勝負で、樋口四角兵衛がもらい受けたと言う逸話もある。

 以上が、樋口角兵衛の経歴であり、真田太平記に出てくる武将であるが、どうも、実在したモデルがいるようだ。

 大坂夏の陣にも参加したようで、上田に帰ると渡辺(とへん)と名を改めたと言う。
 これは、平安時代の英雄である「渡辺綱」にも負けない武功を立てたと言う主張のようだ。

 現在の長野市松代町には「樋口角兵衛」の言い伝えがある、真田家臣であった樋口家が実在する。

 松代藩での樋口家は、目付役などを務めており、江戸時代末期の禄高は230石と、上級武士であった。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  2. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  3. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
ページ上部へ戻る