心眼寺の訪問記【真田丸の跡地にある真田幸村ゆかりの寺院】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪の心眼寺(しんがんじ)は、1622年に白牟和尚(はくむ)が、真田信繁(真田幸村)と真田大助の冥福を祈るために創建した堂舎です。
白牟上人は滋野氏の一族であると言う説もあり、創建から寺の定紋は六文銭で、山号は真田山と称します。

しかし、当時の大坂は徳川幕府の直轄地でもあり、豊臣勢の武将である真田幸村父子の墓を作る事は許されなかったそうです。
それが、400年目である2014年10月に、ようやく真田左衛門佐豊臣信繁之墓として建立することができました。

 スポンサーリンク


境内地は大坂冬の陣での「」城郭跡で、真田幸村鎧掛けの松の木もあったそうですが、1945年の大阪大空襲により堂宇ともども焼失したそうです。

戦前の話ですが、地蔵参りのお土産?として「真田軍薬」と言う、真田幸村が傷薬として愛用していたとされる、黄色い粉末薬があり、昔は袋に入れて売られていたそうです。
※恐らく、戦後に薬の製造規定が厳しくなり、販売中止になったものと推測致します。

心眼寺の入口には「真田幸村出丸城跡」の石碑が立っています。

山門の左側には大阪龍馬会が建立なさった「京都見廻組」墓所の石碑も。

そうなんです。坂本龍馬を殺害した候補者で有力視されている、京都見廻組の桂早之助・渡辺吉太郎墓所にもなっています。
本堂の正面・左にあります。

心眼寺にある「まんなおし地蔵」は、間の悪さを直してくれるお地蔵さまです。
最近、どうも間の悪い事が多いなぁ~と感じている時に、お参りするとご利益があるとの事です。
いつも間が悪い小生ですので、丁重にお祈りしたのは、言うまでもありません。

なお、反対側の明星高校が真田丸の中心部だったとの推測もあり、学校のテニスコート脇に2016年2月頃、真田丸の出城跡を示す石碑として真田丸顕彰碑が、新たに建立されるとの情報もあります。
その後、下記の通り、撮影して参りました。
心眼寺の正面あたりです。

心眼寺は宰相山公園の西側にあり、門が開いている時間は、8時~17時です。
駐車場はありませんので、周辺道路に点在するコインパーキング利用となります。
心眼寺へのアクセス・行き方ですが、下記の地図ポイント地点が入口となり、見学は無料です。

大阪市営地下鉄の玉造駅からだと歩いて5分くらいです。
付近にある三光神社と合わせて、ご訪問されると良いかと存じます。
下記の地図では、付近の観光スポットをまとめて記載してありますので、ご参考になさって頂けますと幸いです。


大きな地図で見る場合はこちら

真田信繁(真田幸村)の生涯はこちら
どんどろ大師善福寺(大阪市)~真田丸の戦死者を弔っていた寺院
三光神社と真田幸村の抜け穴?【訪問記・写真集】
真田幸村が9年間暮らした「九度山」に関しての観光情報はこちら
真田の里紀行(上田)はこちら
大阪城の史跡巡り観光堪能2時間コースのご紹介
大阪の真田丸関連史跡めぐりの歩き方に役立つ観光スポット一覧リスト
姫路城と好古園・男山→官兵衛ゆかりの書写山→赤穂城→御着城、高野山→九度山→茶臼山、真田丸跡周辺→大阪城と周辺→天王寺近辺→彦根城の旅

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • Macavity
    • 2016年 3月 15日

     大阪に行く機会があり、真田丸の跡と思われる場所を訪ねてみようと思い、参考にさせていただきました。ありがとうございます。
     1点気になったことがあり、書き込ませていただきます。
    「心眼寺」の読みを(しんげんじ)と表記しておられますが、心眼寺では(しんがんじ)と書いていますので、そちらの方が良いのではないでしょうか。

    • 高田哲也
    • 2016年 3月 17日

    Macavityさま、コメントありがとうございます。
    ご指摘の通りでございますので、修正させて頂きました。
    ご連絡、ありがとうございました。御礼申し上げます。

 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

真田信繁 真田昌幸 小松姫と真田信之 豊臣秀吉 石田三成 淀殿 徳川家康 坂野惇子
戦国らいふ
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る