どんどろ大師善福寺(大阪市)~真田丸の戦死者を弔っていた寺院


スポンサーリンク
スポンサーリンク

善福寺(ぜんぷくじ)は、大阪市天王寺区空堀町にある高野山真言宗の寺院です。

この善福寺は、真田丸があったとされる北の空堀だった場所にあります。

江戸時代の1752年に高野山岩本院の法資法道が、大阪夏の陣の戦死者を弔う為に創建したのが、鏡如庵大師堂(どんどろ大師)となります。
その後、明治に入ると廃れてしまい、明治6年(1873年)に、どんどろ大師は廃庵となりました。

 スポンサーリンク


なぜ、どんどろ大師と呼ばれるようになったのかは、良くわかっていません。
一説には、1834年に土井利位が大阪城代として赴任すると、近くに屋敷を構えてから「土井殿のお大師様」と呼ばるようになり、それが転訛して「どんどろ大師」と言うようになったありますが、確証はありません。

明治42年に、大阪府豊能郡豊能町にあった善福寺が現在の場所に移転してきて、どんどろ大師善福寺と称し現在に至っています。

ワタクシが訪問させて頂いた際には、お堂に入ると侵入センサーにより感知されたようで、ご住職さん?が事務所に出て来られましたので、無事にお守りを購入することができました。

また、申し出て見ると、本堂内部を撮影しても構わないと言う事でしたので、お写真も1枚撮らせて頂きましたのが、このページトップの写真です。

善福寺の場所は下記の地図ポイント地点となります。
駐車場はありませんので、付近のコインパーキングをご利用願います。

どんどろ大師善福寺の南側の丘が、かつて真田丸があった場所とされます。
すぐ近くに、真田丸跡の石碑などがある「心眼寺」や、東に行くと、真田幸村の抜け穴などがある「三光神社」もありますので、合わせてご訪問なさってみて下さい。

心眼寺の訪問記【真田丸の跡地にある真田幸村ゆかりの寺院】
三光神社と真田幸村の抜け穴?【訪問記・写真集】
九度山とはどんなところ
真田幸村に関してはこちら
大阪の真田丸関連史跡めぐりの歩き方に役立つ観光スポット一覧リスト
姫路城と好古園・男山→官兵衛ゆかりの書写山→赤穂城→御着城、高野山→九度山→茶臼山、真田丸跡周辺→大阪城と周辺→天王寺近辺→彦根城の旅

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

徳川家康 豊臣秀吉 井伊直虎 西郷隆盛 大久保利通 島津久光
戦国らいふ

戦国浪漫グッズ

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

陣羽織はオーダーメイド
陣羽織オーダーメイド

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
ページ上部へ戻る