過去の記事一覧

  • 信州上田おもてなし武将隊 真田幸村と十勇士のご紹介

     長野県の上田城を拠点として、全国各地にも出陣し、素晴らしい武将演舞を行っている「信州上田おもてなし武将隊 真田幸村と十勇士」。    小生もすっかりファンなのですが、そんな信州上田おもてなし武将隊 真田幸村と十…
  • 筧十蔵  真田十勇士に登場も実在した真田家臣

     真田十勇士に登場する「筧十蔵」は実在した人物(モデル)がおり「筧十兵衛」と言う小姓が真田幸村に実際に仕えたとされている。  ※上記画像出典:真田幸村の日の本一の独り言より    筧十兵衛は、1573年、真田家臣の…
  • 稲姫・小松姫とは~良妻賢母・小松姫の素顔に迫ってみたまとめ

     稲姫(いなひめ)/小松姫(こまつひめ)は1573年に誕生。小松殿とも本多於稲とも呼ばれる。  父は、徳川家康の家臣・本多忠勝で、その長女(第1子)として生まれた。  母は側室・乙女の方(松下弥一娘・月量院)。  …
  • 大阪夏の陣のあと、幸村の家族はどうなったのかを探ったまとめ

    大阪夏の陣で討ち死にした真田幸村。 九度山で生活していた家族は、真田幸村が大阪城に入った際に同行したとされるが、大阪城落城後は、どのような人生・生涯を送ったのだろうか?  そんな「家族」に焦点をあてて、このページでは…
  • 真田家の忍者家臣・真田忍者とは (真田昌幸編)

     真田家の強さは、なんといっても情報収集に秀でた忍者です。  真田の里は信濃修験道の聖地である「四阿山」を背後に控え、古くから山伏との関係がありました。  そんな忍者を多数採用していたと言われる真田昌幸の真田忍者をご…
  • 望月六郎とは 真田家家臣・真田十勇士

     望月六郎の別の名は、望月幸忠、望月六郎兵衛幸忠、望月卯左衛門幸忠などがある。  真田家に仕えた真田忍者とされ、真田十勇士の一人。  望月太郎左衛門の長男として、1572年?に望月六郎が誕生したものと考えられ。 …
  • 真田昌幸とは 見事に徳川家を2度撃退した上田の策士

     真田昌幸は、1547年に真田幸隆の3男として生まれた。幼名は真田源五郎。  母は河原隆正の妹・恭雲院(または阿続方)。  この1547年頃は、父・真田幸隆が武田晴信(のちの武田信玄)の軍門に入ってまだ数年程度と…

最新記事

  1. 伏見城

    豊臣秀吉晩年の城・「伏見城」~築城経緯と真田父子が果たした役割~

    概要 豊臣秀吉が晩年に京都市伏見に築城した「伏見城」(京都市伏見区)は、宇治川北岸の泰長老の辺りに…
  2. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  3. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
ページ上部へ戻る