真田幸村の誕生日

 最近、戦国系のゲームにて人気の真田幸村ですが、若い方の中には、その真田幸村の「誕生日」が気になる方も多いようです。
 このページでは、そんな真田幸村の誕生日について、解説させて頂きます。

 真田幸村が生まれた年は、戦国時代の1567年と考えられており、誕生の月日は不明です。
 この1567年と言うのは、真田幸村が大阪夏の陣で討死した際の年齢がわかっており、その年齢から逆算したものです。

 そもそも、真田幸村の父・真田昌幸は、真田幸隆の3男であり、真田家を継ぐ立場では無く、さらに真田昌幸の次男であり、またまた真田家を継ぐ嫡男では無かった真田幸村ですので、若い頃の記録はほとんどないのです。



 その後、真田幸村の2男・真田大八が逃れて、のちに真田家を起こした、真田幸村系の仙台真田家の系譜によると、真田幸村の誕生日は1570年と、真田幸村が討死した年齢から逆算すると異なる年代となっています。
 ただし、誕生日は2月2日が生まれた日と記載されています。

 しかしながら、この仙台真田家系譜も江戸時代に編さんされたものであり、真田大八が大阪夏の陣にて、片倉重綱を頼った時の年齢は3~4歳です。
 当然、父の誕生日など知る由もなく、のちに家系図を藩に出す際に、老齢の家臣らに聞き取り調査した可能性は無きにしも非ずですが、先祖となる真田幸村の誕生日を適当に考えて記載した可能性も捨てきれず、何とも言えないのが現状です。

 →真田の里訪問記







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 伏見城

    豊臣秀吉晩年の城・「伏見城」~築城経緯と真田父子が果たした役割~

    概要 豊臣秀吉が晩年に京都市伏見に築城した「伏見城」(京都市伏見区)は、宇治川北岸の泰長老の辺りに…
  2. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  3. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
ページ上部へ戻る