カテゴリー:真田家関連

  • 平原幡繁と清光院【真田昌幸の6娘】

     平原幡繁(平原和泉守幡繁)は1520年生まれとされる。  平原城主(有利小屋城主)で、1549年に上田原の戦いで敗れた武田晴信に反旗を翻して、村上義清から500の援軍を受けて籠城している。  そして、9月2日に武田…
  • 真田幸村【真田信繁】の妻と子供たち一覧表

    真田幸村の妻と子・娘は下記の通りです。 正室・竹林院(大谷吉継の娘) ※妹婿である浅井内蔵之助の娘が、大谷吉継の養女になって嫁いだとも? 女子:あぐり(あくり) - 蒲生郷喜の室 長男:真田大助(真田幸昌) …
  • 大谷吉治とは~名将・大谷吉継の跡取りも大阪の陣にて豊臣勢として討死

    大谷吉治(おおたに-よしはる)は、大谷吉継の子として1581年に生まれた。母は不明。 大谷吉継の弟か養子だとする説もある。 名前については大谷吉胤、大谷吉勝の説がある。官位は大学助。 1597年、豊臣秀吉が…
  • 田村宗顕と片倉定広【田村定広】と阿昌蒲(菖蒲)

     田村宗顕(たむら-むねあき)は、田村氏顕の子として1574年に生まれ、その後、伯父・田村清顕の養子となった。  この叔父・田村清顕の娘には愛姫がおり、1579年、12歳の頃、伊達政宗に嫁いでいる。  その後、158…
  • 堀田作兵衛と梅【大河ドラマ真田丸】~堀田興重とすへ・阿菊(お菊)

    2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」に登場する、真田家の家臣・堀田作兵衛と、その娘・梅に関しても追記し更新致しました。 堀田作兵衛興重(堀田興重)は真田家の家臣。 堀田作兵衛(堀田興重)の娘は、一般的には真…
  • おかねと石川貞清(石川光吉)~元・犬山城主

     石川貞清(いしかわ-きよさだ)は、美濃出身の兄・石川一光の一族と言われ、石川光重の子ともあるが詳しくは分からない。  豊臣秀吉の使番である金切裂指物使番として、1590年の小田原攻めにて功績を挙げた。  初名は石川…
  • 天王寺・岡山の戦い~真田幸村最後の雄姿

    大阪冬の陣での最後の戦いである「天王寺・岡山の戦い」。 いわば、戦国時代の終焉ともされる戦国最後の戦とも言えるだろう。 豊臣勢は前日の戦いで、後藤又兵衛・木村重成・薄田兼相・塙直之など多数の勇将を失い、1615年…
  • 歴史人「本能寺の変」特集は大変素晴らしかったです2015年7月号

     月刊誌「歴史人」2015年7月号を購入致しました。    雑誌を買ったのなんて、何年ぶりでしょうか?  いつも電子書籍ばかりですからね。  ともあれ、私に取っては非常に珍しい買い物となりましたが、購…
  • 甲斐の武藤家とは? 真田昌幸が継いだ武藤家

     真田昌幸が最初、養子に入った武藤家に関して調べてみました。  甲斐の武藤家は、甲斐源氏である武田氏の庶流・大井氏からの支族であり、武田信玄の母・大井の方が、その大井氏の出身です。  すなわち、武藤家は武田家の親族衆…
  • 龍岸寺~甲斐にて幕末まで存続した真田一族に縁ある古刹

     山梨県の長坂にある徳雲山龍岸寺は、真田一族である真田隠岐守信尹の墓所なのですね。  この真田信尹は、真田幸隆の4男とされています。  すなわち、真田信綱、真田昌輝、真田昌幸の弟となります。  1582年に…

最新記事

  1. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  2. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  3. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
ページ上部へ戻る