壺谷又五郎(つぼや-またごろう)は、真田太平記に登場する忍者の頭目。

 もとは武田晴信に仕えたと言う伊那の忍びで、上州攻略の際に、真田昌幸武田勝頼から借り受けたのが、この忍びの壺谷又五郎である。

 真田昌幸が沼田城を攻略すると、武田勝頼は「どの領地が欲しいか」と褒美を取らせようとしたが、真田昌幸が領地ではなく、人をひとり欲しいと願い出る。

 こうして、真田昌幸に惚れ込んだ壺谷又五郎は真田家の忍者となって、お江や奥村弥五兵衛、猿飛佐助など手練の配下「草の者」を束ねとされる。

 関ヶ原の戦いでは、徳川家康の首を狙い、草の者を率いて、東軍の福島正則隊に扮し、徳川家康の本陣に突入した。

 しかし、甲賀忍びの山中長俊に見破られて、相討ちとなり、山中俊房に討たれとされる。









関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 伏見城

    豊臣秀吉晩年の城・「伏見城」~築城経緯と真田父子が果たした役割~

    概要 豊臣秀吉が晩年に京都市伏見に築城した「伏見城」(京都市伏見区)は、宇治川北岸の泰長老の辺りに…
  2. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  3. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
ページ上部へ戻る