塔原幸貞(とうばら-ゆきさだ、海野幸貞、海野三河守幸貞)は、海野輝幸の4男で、正室は矢沢頼綱の娘であり、真田昌幸とは従兄弟にあたる。

真田昌幸の進言により、武田勝頼から塔原家の家督を相続することが認められ、信濃先方衆20騎持ち塔原城主となる。

生島足島神社には、海野幸貞の起請文が見られる。

1580年、真田昌幸の上州攻略では、80騎にて先陣を務めた。



武田勝頼の死後は、一度、織田信長に臣従したあと、深志城(松本城)に復帰した小笠原貞慶に仕えたが、1583年、苅谷城主・赤沢経康、小岩巓城主・古厩盛勝らと上杉景勝に通じて謀反を企てたのが露見し、小笠原貞慶に松本城にて殺害されている。

なお、海野幸義の弟にも、海野幸貞というと名前が出て来る。別名は海野業吉とも言うが、この海野幸義の弟・海野幸貞と、別途、海野輝幸の子・海野幸貞と、海野幸貞に関しては、昔の史料自体が誤記をしていた可能性がある。
そのため、松本城主・小笠原貞慶によって松本城で暗殺さたれ海野幸貞と、沼田城にて真田昌幸によって追い詰められ自害した海野幸貞と2人いるので、ご注意願いたい。

海野輝幸(海野能戸守輝幸)とは?~沼田城代として活躍した武将







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最新記事

  1. 伏見城

    豊臣秀吉晩年の城・「伏見城」~築城経緯と真田父子が果たした役割~

    概要 豊臣秀吉が晩年に京都市伏見に築城した「伏見城」(京都市伏見区)は、宇治川北岸の泰長老の辺りに…
  2. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  3. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
ページ上部へ戻る