1583年閏正月29日には、丸子城の戦いにおける真田昌幸からの感状が見受けられる。

 1585年8月8日なは、御料所の百姓が年貢減免を訴訟した際に、検見の上談合して納入分が減少しないよう対応せよと、真田昌幸からの命を受けている。

 1597年2月15日に、家督を飯島市之丞の子・飯島兵吉に譲る事を許すという真田昌幸の判物が現存する。

 1600年12月13日、高野山に蟄居するため、真田昌幸と真田幸村が旅だった際には、池田長門守、原出羽守、高梨内記、小山田治左衛門、田口久左衛門、窪田作之丞、関口角左衛門、関口忠右衛門、河野清右衛門、青木半左衛門、石井舎人、前島作左衛門、三井仁左衛門、大瀬儀八、青柳清庵らと共に高野山に入った。



 また、1601年8月5日付で、真田信之が本領100貫文を安堵し、8月7日には鉄砲衆20名を預けているが、実質、家督を継いでいたとされる飯島兵吉が管理したものと推測する。

 飯島市之丞が真田幸村と共に大阪冬の陣にて討死したあとは、真田信之は飯島正九郎に知行を与えている。

 →真田昌幸の家臣リストはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 伏見城

    豊臣秀吉晩年の城・「伏見城」~築城経緯と真田父子が果たした役割~

    概要 豊臣秀吉が晩年に京都市伏見に築城した「伏見城」(京都市伏見区)は、宇治川北岸の泰長老の辺りに…
  2. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  3. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
ページ上部へ戻る