タグ:真田家臣

  • 壺谷又五郎~真田昌幸の忍者

     壺谷又五郎(つぼや-またごろう)は、真田太平記に登場する忍者の頭目。  もとは武田晴信に仕えたと言う伊那の忍びで、上州攻略の際に、真田昌幸が武田勝頼から借り受けたのが、この忍びの壺谷又五郎である。  真…
  • 白倉武兵衛とは~武田家臣から真田家に仕えた武将

     白倉武兵衛(しろくら-ぶへい)は、1547年生まれの武田家の家臣で、1564年に箕輪城攻めの際、真田幸隆が武田信玄に使いを出した武田家武将として白倉武兵衛の名が見られる。  武田勝頼の自決後、白倉武助(父か?)と…
  • 真田幸村★真田信繁ゆかりの地【一覧リスト】観光に便利な情報も

    真田幸村(真田信繁)に関する、ゆかりの地を一覧表にしてみました。 みどころ・ポイント、アクセスや場所・行き方など詳しい情報・地図や駐車場情報などはリンク先にてご紹介致しております。 ご訪問なさる際の参考になさって頂け…
  • 三井景国・三井覚左衛門景国・三井奉膳 真田幸村の家臣

     三井景国(三井覚左衛門景国、三井奉膳、みついかげくに)は、はじめ真田昌幸に仕えた譜代の家臣。  三井家は、真田幸隆の叔母が三井家に嫁したことから、真田家とは親戚となり、真田氏家紋の「六文銭」を用いている。 …
  • 沼田城の見どころと小松姫の墓を偲ぶスポット~沼田城訪問記・写真集

     沼田城(ぬまたじょう)は、1532年に沼田顕泰が築城し、以後、沼田家の拠点となりました。  河岸段丘の台地上となる標高約400mの丘城であり、沼田駅は標高約330mですので、比高は約70mとなります。  沼田氏の先…
  • 真田武者行列 上田真田まつり(1)攻略法・写真集

     毎年4月下旬の日曜日に開催される、信州上田の真田家にまつわるお祭り「上田真田まつり」のレポートです。  たくさんの写真と、裏技とまでは申しませんが、ちょっとした攻略法・駐車場情報などと合わせて、ご参考までにご紹介させ…
  • 河原隆正と河原綱家 真田家の家臣

     河原隆正  河原隆正(河原丹波守隆正)は1509年生まれで、真田幸隆に嫁いだ正室・河原殿の兄。  信濃の豪族で海野家の海野棟綱に仕えていたが、1541年、海野平の戦いで武田信虎・村上義清連合軍に敗れると、海…
  • 鎌原幸定・鎌原幸重・鎌原重澄・鎌原重春・鎌原重宗ら鎌原氏

      鎌原幸定(かんばらゆきさだ)は、真田家の祖・真田頼昌の子で、真田幸隆の弟。  海野棟綱の3男とする説もある。官途は大和守。  その後、上野吾妻郡の海野氏の一族である三原城主・鎌原幸政(鎌原修理亮幸政)の養子と…
  • 金子泰清【金子美濃守泰清】真田家臣

     金子泰清(かねこやすきよ)の官途は美濃守、通称は新左衛門。  生没年は不明であるが、利根郡追貝村(沼田市利根町追貝)の名主であったとされ、妹(又は娘)が沼田顕泰が寵愛した側室となると、沼田家の家臣に加わったようで…
  • 九度山とはどんなところ 真田庵・真田屋敷

     九度山は、高野山への入口にあたる北谷にある。  北側に紀ノ川の流れを望み、高野山の東北を繞って、紀ノ川へと注ぐ丹生川を見下ろす「丘」の中腹に、真田屋敷があった。    上田城にいた際の居館とは比べ物にならないが、…

最新記事

  1. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  2. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
  3. 鉢形城

    真田父子が攻略に参加した「鉢形城」~歴史・構造・整備状況~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めの際、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は、「松井田城」(群馬県…
ページ上部へ戻る