タグ:真田家臣

  • 禰津元直と根津政直と禰津昌綱(根津信光)とは

    禰津元直(ねづ-もとなお)は、信濃の小県郡禰津を本拠地とする戦国武将で、1495年生まれ。 根津元直、祢津元直とも書く。官途は宮内大輔。禰津常安斎とも。 子は禰津勝直、禰津政直、禰津信忠。 1541年、武田信虎…
  • 常田隆家、常田俊綱、常田綱富とは

     常田隆家(常田隆永、常田伊予守隆家)は武田信玄に仕えた真田幸隆と矢沢頼綱の弟で、生年は1520年とも?  小県郡上田の常田家の養子となり、常田姓を名乗った。  常田隆家の通称は常田七左衛門、常田新九郎。  矢…
  • 真田幸村【真田信繁】の妻と子供たち一覧表

    真田幸村の妻と子・娘は下記の通りです。 正室・竹林院(大谷吉継の娘) ※妹婿である浅井内蔵之助の娘が、大谷吉継の養女になって嫁いだとも? 女子:あぐり(あくり) - 蒲生郷喜の室 長男:真田大助(真田幸昌) …
  • 堀田作兵衛と梅【大河ドラマ真田丸】~堀田興重とすへ・阿菊(お菊)

    2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」に登場する、真田家の家臣・堀田作兵衛と、その娘・梅に関しても追記し更新致しました。 堀田作兵衛興重(堀田興重)は真田家の家臣。 堀田作兵衛(堀田興重)の娘は、一般的には真…
  • 高梨内記と娘きり【真田信繁の側室】

    高梨内記は真田昌幸の家臣で、九度山に幽閉された際に、同行した家臣16人の1人です。 そして、高梨内記の娘・采女(うめね)が、真田幸村(真田信繁)の側室となり、次女・於市と、3女・阿梅(おうめ)を産んだとされます…
  • 天王寺・岡山の戦い~真田幸村最後の雄姿

    大阪冬の陣での最後の戦いである「天王寺・岡山の戦い」。 いわば、戦国時代の終焉ともされる戦国最後の戦とも言えるだろう。 豊臣勢は前日の戦いで、後藤又兵衛・木村重成・薄田兼相・塙直之など多数の勇将を失い、1615年…
  • 横谷幸重と横谷重氏とは【佐助の兄なのか?】

     横谷幸重(よこや-ゆきしげ)は、通称を横谷左近と言い、真田忍者として知られる。  父は横谷惣右衛門。弟に横谷惣左衛門幸秀と、横谷庄八郎重氏がいる。  もともとは雁ヶ沢城を本拠とする土豪で、真田昌幸・真田…
  • 樋口四角兵衛【樋口角兵衛】とは? 真田太平記

     樋口角兵衛(ひぐち-かくべえ)は、樋口鑑久(樋口下総守鑑久)の子で、母は久野と言う。  この母・久野は、真田昌幸の正室である山手殿の妹とされる。  甲斐の甲府にいた際には、向かってきた暴れ馬を押しつけたという逸…
  • 常田隆永と常田俊綱と常田隆頼そして常田作兵衛

     常田隆永(ときだ-たかなが)の父は諸説有、真田頼昌、海野棟綱、海野幸義などがある。  海野棟綱の3男とする説になると、武田信玄に仕えた真田幸隆が兄であり、常田隆永は常田家に養子として入った。  なお、矢沢頼綱よ…
  • 塔原幸貞【海野幸貞】とは

    塔原幸貞(とうばら-ゆきさだ、海野幸貞、海野三河守幸貞)は、海野輝幸の4男で、正室は矢沢頼綱の娘であり、真田昌幸とは従兄弟にあたる。 真田昌幸の進言により、武田勝頼から塔原家の家督を相続することが認められ、信濃先方…

最新記事

  1. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  2. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
  3. 鉢形城

    真田父子が攻略に参加した「鉢形城」~歴史・構造・整備状況~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めの際、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は、「松井田城」(群馬県…
ページ上部へ戻る