タグ:真田家臣

  • 富沢豊前守【富澤豊前守】と望月主人

     富沢豊前守(富澤豊前守)は、富沢出羽守の次男。生没年などは不詳。  次男でありながら武勇を誇ったようで吾妻七騎の旗頭として、長篠の戦い、沼田城攻略戦、対北条戦など真田昌幸の配下しとて参加。 一軍の将ではないも…
  • 大戸真楽斎とは?~手古丸城主【大戸城主】

     大戸真楽斎(おおと-しんらくさい)の本姓は浦野氏で、信州の滋野氏の一族であり、手古丸城主(大戸城主)であった。  岩櫃城主・斉藤憲広の妹を正室に迎え入れ、羽尾氏と鎌原氏の領地争いでは、斉藤氏・羽尾氏に荷担して、鎌原氏…
  • 恩田越前守と恩田伊賀守~沼田衆

     恩田家は、上野・沼田庄恩田(群馬県沼田市)の土豪で、1561年の段階では沼田衆に、恩田孫五郎・恩田与右兵衛尉の名がみえ、上杉謙信の支配下に加わっていたとみられる。  1579年に北条氏政が沼田城を領国としたが、そ…
  • 真田十勇士とは~真田十勇士の一覧リスト

    真田十勇士とは戦国時代に、真田幸村に付き従ったとされる10人の家臣です。 とは言え、物語の創作上の人物です。 ただし、何人かは実在の人物をモデルにしていると考えられています。 真田十勇士の起源は、講談を書籍にし…
  • 海野六郎と海野六郎兵衛利【真田十勇士】

     海野六郎(うんの-ろくろう)は、真田十勇士に登場する人物で、実在した真田家の家臣がモデルとされている。  「真田三代記」では、海野六郎兵衛利一(1571年~1615年)として登場し、他に海野小平太がモデルとの説もある…
  • 小山田茂誠【小山田重誠】とは~真田家を頼った小山田一族

    小山田茂誠(小山田重誠、おやまだ-しげまさ)は、郡内小山田氏の一族である小山田有誠(小山田弾正有誠)の子として1567年に生まれた。 小山田六左衛門、小山田壱岐守とも称している。 郡内領主の小山田家の一門は複…
  • 出浦盛清【出浦昌相】(出浦対馬守盛清)とは~出浦昌相の最期は

    出浦盛清(出浦昌相) 出浦盛清(いでうらもりきよ)は、村上氏の一族で更級郡村上村の出身。 2016年の大河ドラマ「真田丸」では出浦昌相(いでうらまさすけ)の方の名前が採用されて、俳優の寺島進さんが演じる。 出浦…
  • 飯島市之丞【飯嶋市丞】とは

     1583年閏正月29日には、丸子城の戦いにおける真田昌幸からの感状が見受けられる。  1585年8月8日なは、御料所の百姓が年貢減免を訴訟した際に、検見の上談合して納入分が減少しないよう対応せよと、真田昌幸からの…
  • 滝川一積とは【真田家を助けた滝川家の浪人】

    滝川一積(たきがわ-かずあつ)は、織田信長の家臣・滝川一益の長男である滝川一忠の子として1576年に生まれた。幼名は三九郎。 ※1583年生まれとも?滝川一績とも。 1584年、小牧・長久手の戦いで、滝川一益と子…
  • 平原幡繁と清光院【真田昌幸の6娘】

     平原幡繁(平原和泉守幡繁)は1520年生まれとされる。  平原城主(有利小屋城主)で、1549年に上田原の戦いで敗れた武田晴信に反旗を翻して、村上義清から500の援軍を受けて籠城している。  そして、9月2日に武田…

最新記事

  1. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  2. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
  3. 鉢形城

    真田父子が攻略に参加した「鉢形城」~歴史・構造・整備状況~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めの際、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は、「松井田城」(群馬県…
ページ上部へ戻る