大戸真楽斎とは?~手古丸城主【大戸城主】

 大戸真楽斎(おおと-しんらくさい)の本姓は浦野氏で、信州の滋野氏の一族であり、手古丸城主(大戸城主)であった。
 岩櫃城主・斉藤憲広の妹を正室に迎え入れ、羽尾氏と鎌原氏の領地争いでは、斉藤氏・羽尾氏に荷担して、鎌原氏と争った。

 その後、真田幸隆の岩櫃城攻略の際には、同族と言う事で真田勢に味方したようだ。

 しかし、1580年3月11日、大戸真楽斎が謀反を企てたとしても、真田昌幸が岩櫃城代・海野長門守に命じて手子丸城を攻撃したため和睦した。

 その直後と考えらる、同年1580年、武田勝頼高天神城攻めに参陣したようで、大戸真楽斎と大戸個馬の兄弟が討死したとある。

 その後、1582年、本能寺の変のあと、手古丸城が北条氏直勢によって落城した際に、大戸真楽斎が切腹したとも伝わる。

 のちに手古丸城主(大戸城主)が、北条氏邦の支配下となると、大戸真楽斎の長子である大戸重次が手古丸城主となったが、豊臣秀吉小田原攻め以降の動向は不明である。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  2. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  3. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
ページ上部へ戻る