鎌原幸定(かんばらゆきさだ)は、真田家の祖・真田頼昌の子で、真田幸隆の弟。
 海野棟綱の3男とする説もある。官途は大和守。

 その後、上野吾妻郡の海野氏の一族である三原城主・鎌原幸政(鎌原修理亮幸政)の養子となった。

 武田信玄が信濃に進出すると、子の鎌原幸重(鎌原宮内少輔)と共に、早くから武田信玄に臣従したようで、真田幸隆の吾妻郡進出にも協力した。
 その後、真田幸隆の軍に加わり、岩櫃城攻めなどに参加し、岩櫃城攻略の際、岩櫃城主・斎藤憲広の弟を内応することに成功している。

 鎌原城主・鎌原幸重の子・鎌原重澄(鎌原筑前守)は、真田信綱に従い(武田勝頼の家臣として仕えていたとも?)、1575年、長篠の戦いで討死。
 その鎌原重澄の子・鎌原重春が、真田昌幸の娘(名前不詳、真田信尹の娘で昌幸の養女とも?)を正室に迎えている。



 1582年3月、織田信忠による武田征伐で武田勝頼が滅亡したあとは、真田昌幸に従い、1590年、豊臣秀吉小田原攻めにも従軍。
 しかし、大道寺政繁が守備する上野松井田城攻めで討死したため、家督は子の鎌原重宗が継ぎ、関ヶ原の合戦では真田信幸(真田信之)に従って東軍に付き、大阪の陣にも従軍。
 子孫は歴代、真田一族衆として真田家重臣に名を連ねている。

 なお、鎌原重春の夫人(真田昌幸の娘)は、1619年8月1日に死去している。

 引用元:鎌原幸定・鎌原幸重・鎌原重澄・鎌原重春・鎌原重宗







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 伏見城

    豊臣秀吉晩年の城・「伏見城」~築城経緯と真田父子が果たした役割~

    概要 豊臣秀吉が晩年に京都市伏見に築城した「伏見城」(京都市伏見区)は、宇治川北岸の泰長老の辺りに…
  2. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  3. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
ページ上部へ戻る