そもそも真田家の先祖とされる滋野氏とは?

滋野氏(しげの)と言うのは、信濃の小県郡の氏族で、上田よりちょっと東に行く「滋野」を本拠としたことからその名称で呼ばれたようです。

清和天皇の第4皇子である貞保親王(さだやすしんのう)が、信濃の海野庄(長野県東御市本海野)に移り住んで、その孫にあたる善淵王が905年に醍醐天皇から滋野姓を下賜されて、滋野善淵と称したのが始まりとされています。
しかし、貞保親王が信濃に行ったと言う記録は確認が取れず、更に言うと、善淵王とその父・目宮王の存在も疑わしい部分があるようです。
そうなると、もともと海野や滋野の在地豪族であった可能性はあります。
日本古代氏族人名辞典では、滋野氏は、紀氏(直氏)と同系氏族とされていて、紀伊国造と同系の楢原氏が初見だと考えられます。

やがて滋野氏は、滋野則広の嫡子・滋野重道が海野氏を名乗って分家し、更には根津氏・望月氏に分かれて、小県や佐久を滋野一族が支配しました。



鎌倉時代になると、海野氏が鎌倉御家人として一族の中で一番目立っていますので、本家・滋野家を上回ったとも考えられます。
海野幸広(海野幸廣)が木曽義仲に従って、海野幸広の子・海野幸氏は源頼朝のもとに人質として赴いた、木曽義仲の嫡男・源義高(清水冠者)の従者として鎌倉に同行しています。

なお、真田家は滋野一族であると言われているだけで、確証は得られていません。
しかし、1400年に、小笠原氏が敗北した大塔の戦いでは、祢津・横尾・曲尾などと共に「実田」(さなだ)という武将の名が見られ、これが真田氏を表しているのではと最近では考えられています。







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 伏見城

    豊臣秀吉晩年の城・「伏見城」~築城経緯と真田父子が果たした役割~

    概要 豊臣秀吉が晩年に京都市伏見に築城した「伏見城」(京都市伏見区)は、宇治川北岸の泰長老の辺りに…
  2. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  3. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
ページ上部へ戻る