真田紐とは?~現在でも販売されている真田紐

 真田昌幸真田幸村九度山で蟄居していた際に、作って売ったと言われてる「真田紐」とは、そもそも、どうゆうものだったのだろうか?
 調べてみた。

 まず、九度山では真田家の家族や家臣らも制作して、堺の商人を通じて販売し、得た収入を生活費の足しにしていたと言われている。
 「真田の作った強い紐」と言う触れ込みで行商人が売り歩き、その各地の情報が九度山にもたらされたとされる。

 その、真田紐(さなだひも)と言う物は、縦糸と横糸を使って、機で織った平たく狭い織物の紐だと言う。


 茶道具などに使われる真田紐

 上記のように、現在でも真田紐として流通している。そんなに高くもないので、侍の紐としては外国人へのお土産としても喜ばれるかもしれない。
 昔から伸びにくくて丈夫だったので、重いものを吊したり、しっかりと物を縛る際に重宝したようだ。

 戦国時代には真田家だけでなく、全国各地の武将が必需品として生産していたようなので、真田家だけが作っていたと言う訳ではなかった。
 また、九度山の真田家が実際に作っていたと言うのは伝承であり、確証はない。
 しかし、実際に、この頑丈な紐が流通した過程で、2度も徳川に勝利した真田家の評判もあいまって、そんな頑丈で反骨精神もある紐として「真田紐」と言うブランド名がついたものが売れれたと言う事なのだ。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  2. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  3. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
ページ上部へ戻る