鎌倉幕府将軍「源頼朝」1分でシンプルに要点解説「鎌倉殿の13人」配役・大泉洋さん

「鎌倉幕府将軍「源頼朝」1分でシンプルに要点解説「鎌倉殿の13人」配役・大泉洋さん」のアイキャッチ画像

源頼朝とは

源頼朝 (みなもと の よりとも) は平安時代末期から鎌倉時代初期の武将で、鎌倉幕府の初代将軍になった支配者・政治家です。
1147年に源義朝の3男として生まれました。
母は熱田神宮の大宮司・藤原季範の娘である由良御前。(母は正室)
乳母は比企尼、寒河尼、山内尼など。

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では大泉洋さんが源頼朝を演じられます。


スポンサーリンク


1159年、父・源義朝が藤原信頼と結んで挙兵した平治の乱で、京での政権を奪いましたが平清盛らの反撃にあい、山内首藤俊通・片桐景重らの支援もあり再起を目指して東国に落ち延びます。
しかし、途中の尾張にて源義朝は殺害され、源頼朝も捕縛されました。
ただし、源頼朝はまだ子供だったこともあり、平氏の池禅尼(いけのぜんに)の口添えにて死は免れ伊豆へ流罪となっています。

なお、平治の乱の際に僅か約15日間だけですが、源頼朝は右兵衛権佐に任じられました。
すぐに罷免さりましたので「前」右兵衛権佐と言う立場になりましたが、伊豆に入った源頼朝は周りから佐殿(すけどの)と呼ばれています。

伊豆での源頼朝は、伊東荘・伊東祐親北条荘北条時政の監視のもと約20年の年月を過ごしています。
1175年頃?伊東祐親の娘・八重との間には千鶴丸を儲けますが、京の大番役から帰って来た伊東祐親の逆鱗に触れ、伊東家の下人・善児が千鶴御前を殺害します。
伊東氏から命を狙われた源頼朝は北条荘に移ると、北条時政の娘・北条政子と結ばれ長女・大姫が生まれました。
1180年、京にて源頼政以仁王が平家に対して挙兵・失敗しますが、その後、源頼朝は平氏である伊豆の目代・山木兼隆を襲撃しました。
そのあと石橋山の戦いでは平氏軍の大庭景親に大敗しますが、安房へ逃れると安西景益上総広常千葉常胤らの支援を受け鎌倉に入る頃には大軍となっていました。
鎌倉を本拠地とすると鎌倉勢を派遣して源義仲(木曽義仲)や平氏を滅ぼし天下を平定します。
1185年、全国各地の守護・地頭設置の勅許を得て武家政治の基礎を固めました。
1192年には征夷大将軍となって名実ともに鎌倉幕府が確固たるものになっています。


スポンサーリンク


1199年、相模川にかけた橋の落成式に出席した帰り道に「落馬」したともされます。
そのためか源頼朝は死去しました。享年51。

要点

源頼朝は日本で初めて武士による政権「鎌倉幕府」を築いた武将
平家を滅亡させると朝廷から征夷大将軍を任じられ政治を行った

更に詳細もご紹介しておりますので、よければ合わせてご覧頂けますと幸いに存じます。

5分でわかりやすい【源頼朝】の解説「鎌倉幕府・征夷大将軍・鎌倉殿」旧相模川橋脚も (鎌倉殿の13人)
八重(伊東八重)の知っておきたい重要ポイント【鎌倉殿の13人】
中世初期の武士の館~文献史料・絵巻物から読み解く~
【北条義時】なにをした人?抑えておきたい要点ポイント【鎌倉殿の13人】小栗旬さん
北条政子の本当の名前は不明?その理由を簡潔に解説(鎌倉殿の13人)