とり【恭雲院・河原殿】肝っ魂な妻である真田幸隆の正室


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 恭雲院(きょううんいん)は、河原隆正の妹(河原殿)とされ、生年に関しては1522年とする説がある。

 この兄・河原隆正(河原丹波守隆正)は、海野棟綱や真田幸隆の譜代家老であり、海野家とは一族(分家)となる。
 海野家が没落した1541年に武田信玄に降伏して仕えたとされるが、密かに身を隠していたとも言われている。

 河原隆正の妹は真田幸隆に嫁いだが、真田幸隆も信濃から追われて浮浪の身となったので、当時は相当な苦労であったと推測される。
 そんな中でも真田信綱(1537年誕生)、真田昌輝真田昌幸真田信尹ら男子を産んだほか、2人の娘がいる。

 また、真田幸隆の子にはもう1人、真田高勝がいるが、これは河原殿(恭雲院)の子かは不明だ。

 スポンサーリンク


 いずれにせよ、戦国時代「初期」の武家において「正室」と言う者は、家臣らの人数を把握=動員できる兵力を調査しておくなど、家臣統制においても夫を補佐すると言う重要な役割を担っていたと言われる。
 ※武田信玄に信濃を追われた小笠原長時は、家臣の兵力数も把握できていなかったとされる。
 このように正室の「内助の功」「賢妻の鑑」と言った実力が、その御家存続に大きくかかわる場面があったと言っても過言では無く、その点、真田家は歴代の正室の存在感は高く、河原殿(恭雲院)も優れた女性であったと推測できる。

 2016年の大河ドラマ「真田丸」では、河原殿(恭雲院)である「とり」と言う女性を、女優の草笛光子さんが演じる。
 箕輪城から木曽福島城まで滝川一益の人質として移動したあとの、木曽義昌とのやり取りは、見どころの一つでもある。

真田丸のあらすじ~第7話から第8話まで【NHK大河ドラマ2016】

 上田城にて死去した河原殿(恭雲院)の没年は2説ある。
 1つは、真田家の墓所である長谷寺墓にある1592年5月20日。
 もう1つは長谷寺過去帳の1593年8月1日。
 享年はおおよそ72歳となる。

 戒名は恭雲院喜山理慶大姉。

河原殿(恭雲院)の墓がある上田・長谷寺の紹介はこちら
真田幸隆に関してはこちら
木曽義昌と真理姫の不幸~武田を裏切った木曽家のその後

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

真田信繁 真田昌幸 小松姫と真田信之 豊臣秀吉 石田三成 淀殿 徳川家康 坂野惇子
戦国らいふ

戦国浪漫グッズ

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

陣羽織はオーダーメイド
陣羽織オーダーメイド

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
ページ上部へ戻る