真田高勝(真田信春)とは


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 真田高勝(真田信春)は、1549年生まれの真田幸隆の5男とされる。
 母は河原隆正の妹とされる。
 兄は真田信綱・真田昌輝真田昌幸・真田信昌、真田信尹
 真田信尹が4男で、真田高勝(真田信春)が5男とする説もある。
 別の名では真田隆勝、真田清鏡とも。

 真田高勝は真田宮内介(くないのすけ)と称し、のちに金井家を継ぐと帰農して金井高勝と名を改めた。

 小県・丸子御嶽堂の屋敷は2重の堀に囲まれていたと言う。

 スポンサーリンク


 長野の小県郡丸子町飯沼の龍顔寺(高勝寺)が墓所で、その西方に館があったとされる。
 その屋敷の背後は尾野山城とされる。

 1606年7月7日に死去。
 翌年、真田信之が菩提寺に対して寺領3貫文を寄進している。
 
 子孫は帰農したとする説もある。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あなたの思いを下記に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

戦国浪漫グッズ

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
ページ上部へ戻る