タグ:関ヶ原の戦い

  • 横谷幸重と横谷重氏とは【佐助の兄なのか?】

     横谷幸重(よこや-ゆきしげ)は、通称を横谷左近と言い、真田忍者として知られる。  父は横谷惣右衛門。弟に横谷惣左衛門幸秀と、横谷庄八郎重氏がいる。  もともとは雁ヶ沢城を本拠とする土豪で、真田昌幸・真田…
  • 壺谷又五郎~真田昌幸の忍者

     壺谷又五郎(つぼや-またごろう)は、真田太平記に登場する忍者の頭目。  もとは武田晴信に仕えたと言う伊那の忍びで、上州攻略の際に、真田昌幸が武田勝頼から借り受けたのが、この忍びの壺谷又五郎である。  真…
  • 白倉武兵衛とは~武田家臣から真田家に仕えた武将

     白倉武兵衛(しろくら-ぶへい)は、1547年生まれの武田家の家臣で、1564年に箕輪城攻めの際、真田幸隆が武田信玄に使いを出した武田家武将として白倉武兵衛の名が見られる。  武田勝頼の自決後、白倉武助(父か?)と…
  • 真田信之【真田信幸】とは?詳細版で詳しくわかる吉光のお長持

    真田信之(さなだ-のぶゆき)は、武藤喜兵衛(真田昌幸)の嫡男として1566年に生まれた。幼名は源三郎。 母は山手殿。 父・武藤喜兵衛は、真田幸隆の3男であったことから、武藤三郎左衛門尉の養子となっており、騎馬15…
  • 三井景国・三井覚左衛門景国・三井奉膳 真田幸村の家臣

     三井景国(三井覚左衛門景国、三井奉膳、みついかげくに)は、はじめ真田昌幸に仕えた譜代の家臣。  三井家は、真田幸隆の叔母が三井家に嫁したことから、真田家とは親戚となり、真田氏家紋の「六文銭」を用いている。 …
  • 真田信尹【真田隠岐守信尹】の生涯

      真田信尹(さなだのぶただ)は、真田幸隆の4男として1547年?に誕生した。  母は正室・河原隆正の妹・恭雲院。  兄に真田信綱、真田昌輝、真田昌幸がいる。  なお、真田昌幸と歳が同じであることから、母は側室…
  • 鎌原幸定・鎌原幸重・鎌原重澄・鎌原重春・鎌原重宗ら鎌原氏

      鎌原幸定(かんばらゆきさだ)は、真田家の祖・真田頼昌の子で、真田幸隆の弟。  海野棟綱の3男とする説もある。官途は大和守。  その後、上野吾妻郡の海野氏の一族である三原城主・鎌原幸政(鎌原修理亮幸政)の養子と…
  • 奥村弥五兵衛(奥村光親) 真田家の忍者

      奥村弥五兵衛(おくむらやごべえ)、奥村弥五兵衛光親(みつちか)、奥村光親は、1552年生まれの真田家の草の者。  奥村弥五兵衛(奥村光親)の父・弥介は甲賀出身の忍びで武田信玄に仕えており、その後、真田昌幸の忍者…
  • 真田昌親【真田昌幸の4男】九度山でも交流

        真田昌親(さなだまさちか)は、1583年に生まれた真田昌幸の4男(3男とも?)。通称は内匠。  母に関しては某氏としかなく詳細は不明。  元服すると信濃内村郷平井村に住んだようで、1600年、関ヶ原の戦…
  • 5分でわかる真田信繁【真田幸村】ワシが徳川殿に対抗した生涯を皆の衆に語ろう

     真田信繁にござる。江戸時代からは真田幸村?とも呼ばれているようじゃが、まぁ、ワシはどちらでも良いぞ。  さて、いつもは「こっち」で出没する機会が多いのじゃが、今回は特別に遠路はるばるやってきたでござるよ。 …

最新記事

  1. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  2. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  3. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
ページ上部へ戻る