真田信繁【真田幸村】の辞世の句はあるのか?

 NHK大河ドラマ「真田丸」で注目の真田信繁(真田幸村)ですが、wikiなどを見ても「辞世の句」は表記されていません。
 でも、武将ですから、辞世の句くらあってもおかしくないぞ?と言う事で調べてみました。

 真田信繁(真田幸村)は、大阪夏の陣の際、徳川家康の本陣に迫りながらも遂に退却し、その途中、疲れ果てて動けずにいた所を討ち取られました。
 そういった意味では、辞世の句どころの話では無かったと推測致します。

 しかしながら、村松殿の夫である小山田茂誠(小山田壱岐守)と小山田之知宛の書状に記載されている内容が、辞世の句とも評価されています。

 「定めなき浮世にて候へば、一日先は知らざる事に候。我々事などは浮世にあるものとは、おぼしめし候まじく候。」と記載されているのですが、これは大阪夏の陣の直前に真田信繁(真田幸村)が書いた書状で、討死する前の最後の書状とされています。



 現代語訳してみますと、意味は下記のような感じだと思います。

 「このような不安定な世の中ですから、1日先のことはわかりません。私たちのなどはもうこの世にいないものと考えてください。」

 これが辞世の句ですよと言うには、だいぶ難しい部分もあるかとは存じます。
 しかし、少なくとも、真田信繁が亡くなる直前に、素直な気持ちを語った内容と言う意味では、辞世の句とも言えるのではないでしょうか?







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 伏見城

    豊臣秀吉晩年の城・「伏見城」~築城経緯と真田父子が果たした役割~

    概要 豊臣秀吉が晩年に京都市伏見に築城した「伏見城」(京都市伏見区)は、宇治川北岸の泰長老の辺りに…
  2. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  3. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
ページ上部へ戻る