小野お通【小野於通、小野通】戦国時代に名を残す謎多き京の才女


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 大阪夏の陣の際、江戸藩邸にた真田信之は、真田幸村(真田信繁)ず討死したとの報を受ける。
 その後、真田信之が沼田城に戻った際、鈴木忠重(鈴木右近忠重)が、京都の小野のお通から預かったとされる、真田幸村(真田信繁)の遺髪を、沼田に届けたと言う内容が、池波正太郎の「真田太平記」に見受けられる。

 この小野お通は、戦国時代後期から江戸時代初期にかけての女性だが、謎が多い。

 生年は1568年(1567年10月とも)とされ、没年は1616年又は1631年10月とされるが、これらも全く確証はない。

 美濃の地侍で斎藤道三の家臣だった小野正秀の娘ともされ、浅井長政に仕えると、浅井茶々(淀殿)に従ったと言う。
 その後、織田信長に仕えた小野正秀は、明智光秀本能寺の変にて森蘭丸らと討死したとある。
 お通は母と共に京都にて公家・九条種道に匿われ、学問や技芸を教えられたとされるが、近衛信尹の家来・渡瀬羽林(わたせ-うりん)なる人物と再婚したとも。
 この時、のちに真田信政の側室になる小野図(つう、お伏、お犬)を産んだとも言う。

 別の説では、美作国津山城近くの押入下村の岸本彦兵衛の娘とする説もある。
 一時、世話を受けていたことがあったのかも?知れない。
 
 九条稙通に和歌を学んだ才女で、織田信長や豊臣秀吉、豊臣秀吉の正室・北政所の側近侍女であったともされ、侍女たちの教育係を任され、1598年の醍醐の花見にも招かれたのはどうも事実らしい。

 醍醐の花見では「花見ればいとど心も若みどり をひせぬ春に逢ひ老の松」と「あかざりし花に心を遺しつつ 我が身は宿にかへりぬるかな」の二首を詠んでいる。

 また、豊臣秀次の家臣・塩川志摩守の妻になって、一女を儲けたが、夫が酒乱であったため離別し、東福門院や新上東門院に仕えたとする説もある。
 更に、徳川家康からの信頼も厚く、1603年には豊臣秀頼に嫁ぐ、千姫の介添女房頭にもなったと言う。
 とにかく、出自も、その生い立ちや生涯も謎が多いが、宮中で学問や和歌を女房達に教えともあり、京の文化にも通じた教養ある女性であったようだ。
 特に小野お通が書いた「書」は当時を代表する女筆とされ「お通流」と呼ばれた。
 淀殿や細川ガラシャも習っていたとする説がある。

 琴や書道にも秀で「浄瑠璃姫物語」の作者であると言う伝承もあるが、浄瑠璃姫の物語はもっと昔からあった事が確認されている。

 真田幸村や後藤又兵衛らが奮闘した大坂の陣においては、千姫のために徳川家と裏交渉をしたが、淀殿に内通を疑われ、大阪城から追放されたと言う。

 その後、徳川秀忠お江の娘・徳川和子が後水尾天皇に嫁いだ際にも、介添女房頭として再び宮中に入ったとも、また摂津の長柄に庵室を構えて尼になったとも言われている。

 そして、どういう訳か、真田信之ゆかりの江戸・広徳寺に小野お通の墓がある。
 この広徳寺は、加賀の前田家をはじめ、織田信雄や立花宗茂、柳生宗矩など蒼々たる武将も眠ると言う、諸大名が檀家の寺で、北条氏政の3男である岩槻城主・太田源五郎が、箱根・早雲寺の末寺として開山したことから始まる。
 そんな寺に墓があるため、小野お通は松代藩主・真田信之とかなり親しいと言うより、側室格だったと推測できる。

 真田幸村の兄・真田信之は、京都に滞在した際に、小野お通の世話を受けて、思いを寄せていたという説もある。

 真田信之の次男で、第2代の松代藩主となった真田信政の側室であるお円(小野国子、小野図子、宗鑑尼)は、小野お通の娘とされ、真田信政の長男・真田信就(真田勘解由家)を1648年に産んだ。

 真田信之の正室・小松姫は、小野お通の事を認識していたようで、亡くなる直前に「そろそろ京の人を迎えてみてはどうですか?」とお通を側室にするよう勧めたと言う。
 そして、小野お通は真田信之の側室になったとも、ならなかったともある。

 スポンサーリンク


 繰り返すが、とにかく謎が多い。
 しかし、実在はした女性であったようで、下記の内容がその証拠となる。

 1622年11月18日付で真田信之が、おつう様に宛てた書状が現存する。
 手紙の内容は、上田城から松代城へ国替になったと言う、真田信之の報告だ。

 松代は名所も多い所なので、こうけん殿が生存していたら、そろってお招きしたい場所であると記載している。

 この「こうけん殿」に関しては良く分からないが、小野お通の亡き夫や、父であった可能性もあるだろう。

 また、追伸として、あなたのお眼鏡に適った奉公人を二、三人、京都から派遣して欲しい。とある。

 この手紙は、お通の血を引く真田勘解由家に伝わっている。
 と言う事は、小松姫が亡くなったのは1620年であるため、その後も小野お通は京にいて、松代にはいなかった、すなわち真田信之の側室にはなっておらず、単に親しい女性であったとも言えるだろう。

 なお、吉川英治の「宮本武蔵」に登場する「お通」は、この小野お通がモデルだと言われている。

 はたして、小野お通と言う女性は、どの伝承が正しく、どのような生涯を送ったのか?
 非常に、興味が湧くところである。

近衛信基~近衛信尹とは 書画に優れた公家と豊臣秀吉の関係
千姫とは~徳川家の娘として波乱の人生を歩んだ戦国時代最後のヒロイン
小松姫と真田信幸(真田信之)の2人の生涯
真田信之【真田信幸】とは?詳細版で詳しくわかる吉光のお長持
おね【ねね】北政所~豊臣秀吉の正室 内助の功
松代城(海津城)の歴史~抑えておきたい真田家の松代観光スポット情報まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 7月 01日
  2. 2015年 7月 01日
  3. 2015年 7月 01日
  4. 2015年 7月 01日
  5. 2015年 7月 01日
  6. 2015年 7月 01日
  7. 2015年 7月 03日
  8. 2015年 7月 03日
  9. 2015年 7月 04日
  10. 2015年 7月 04日
  11. 2015年 7月 04日
  12. 2015年 9月 01日
  13. 2015年 9月 09日
  14. 2015年 9月 09日
  15. 2015年 9月 09日
  16. 2015年 9月 15日
  17. 2015年 11月 22日
  18. 2015年 12月 07日
  19. 2015年 12月 07日
  20. 2015年 12月 17日
  21. 2016年 1月 22日
  22. 2016年 2月 12日
  23. 2016年 2月 12日
  24. 2016年 6月 18日

 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

真田信繁 真田昌幸 小松姫と真田信之 豊臣秀吉 石田三成 淀殿 徳川家康 坂野惇子
戦国らいふ
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る