長崎基家(長崎元家)~滝川家の家臣【真田丸】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

長崎基家(長崎元家)(ながさき-もといえ)は、1538年生まれで長崎弥左衛門尉とも呼ばれる。

最初は滝川一益の家臣であり、主に奉行として活躍した。
1582年の本能寺の変のあと、滝川一益の命を受けて、援軍を要請する為、滝川家の家臣になっていた本多正重と共に徳川家康を訪ねたが、徳川勢は援軍を出していない。

 スポンサーリンク


滝川一益と共に、長島へ戻り、滝川一益が1586年に没したあとは、織田信雄に仕えた。
その後、豊臣秀吉に仕えたが、小早川秀秋の家臣を命じられ、朝鮮出兵では戦功を立てたと言う。

1600年、関ヶ原の戦いでは、小早川秀秋から「西軍を裏切って東軍に味方したい」と言う、徳川家康への使者としても活動が見られる。

1602年、小早川秀秋が死去したあとは、徳川家康に仕えて約1600石となっている。

1610年6月12日に死去。享年73。

大河ドラマ「」では、長崎基家を松田賢二さんが演じる。

滝川一益~織田四天王の名将も本能寺の変で・・
真田昌幸~戦国時代を巧みに生き抜き真田家を守った名将
天正壬午の乱の全容~神流川の戦いから北条・徳川の勢力争い
神流川の戦いの現場を往く~美学にこだわった滝川一益の撤退戦
小早川秀秋~関ヶ原では裏切るも、実は勇猛果敢で領民からも慕われた武将

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

Twitter

 スポンサーリンク

各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

徳川家康 豊臣秀吉 井伊直虎 西郷隆盛 大久保利通 島津久光

戦国らいふ

戦国浪漫グッズ

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

陣羽織はオーダーメイド
陣羽織オーダーメイド

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
ページ上部へ戻る