山田右近尉~北信濃の武将と真田家の関係

大河ドラマ「真田丸」に登場する山田右近尉について色々と調べてみましたが、詳しい事は不明です。

元々、北信濃の山田氏と言うと、荒砥城主・山田越中守二郎として知られますが、山田氏は村上義清の村上一族です。
戦国時代には、山田国政が吾妻清綱とともに荒砥城主でした。

しかし、1551年4月、武田信玄に仕えていた真田幸隆が、弟・矢沢頼綱を援助し、山田国政と吾妻清綱は討死に、この時、山田家は滅んだとされています。



話がそれましたが、山田右近尉は1582年、武田滅亡の直後に、真田昌幸の弟である真田信尹が接近を図りました。
この山田右近尉は、その滅亡した山田一族の生き残りと推測でき、引き続き北信濃の土豪だったようです。

真田信尹は武田滅亡後、兄・真田昌幸と岩櫃城に入っていたようですが、その後、北信濃に向かうと上杉家に臣従すると言う姿勢を見せました。
しかし、実際には、上杉勢の情報収集や上杉景勝に協力する土豪を調略するのが目的だったようで、山田右近尉なる武将の調略も試みます。

この時は、山田右近尉は上杉景勝に忠実な立場を取り、真田信尹を追放した人物とされています。
恐らくは、過去、真田家によって滅亡されたことを許していなかったのでしょうが、真田信尹の命は助けたと言う事になると思われます。

この手柄にて、1582年7月27日、上杉景勝は山田右近尉に感謝を示した朱印状を送っているのが見受けられます。

ただし、この出来事以外に、山田右近尉の動向は全く不明ですので、もしご存知の方がおられましたら、コメント欄にでもお寄せ願えますと幸いです。

真田信尹とは~真田家とはちょっと別の道を歩むも大きく関与した真田一族
矢沢頼綱~沼田城を僅かな兵にて守り抜いた真田家の名将
真田昌幸~戦国時代を巧みに生き抜き真田家を守った名将
荒砥城~山城として復元されロケ地でも有名な史跡公園

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最新記事

  1. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  2. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  3. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
ページ上部へ戻る