真田栗毛の墓~大分にあった真田幸村の愛馬の墓


スポンサーリンク
スポンサーリンク

九州は大分県大分市、JR豊肥本線の滝尾駅から歩いて5分の距離にある「碇山」には、真田栗毛の墓があります。

真田栗毛(さなだくりげ)と言うのは、真田家が所有していた栗毛の馬で、その馬の墓があると言う事になります。

この真田栗毛(馬)は、大阪冬の陣の際に、真田幸村が乗馬した愛馬であったとされます。
徳川家康の孫・松平忠直の家臣である西尾宗次(西尾仁左衛門)が真田信繁(真田幸村)を安居神社付近で討ち取りました。
家臣の手柄は、主君の戦功ですので、この功績により、捕まっていた「真田栗毛」は、松平忠直に与えられたと言う事になります。

のち、松平忠直は豊後府内藩で謹慎したのですが、この時、真田栗毛も連れて来たようです。
しかし、数年後に真田栗毛が亡くなり、松平忠直は手厚く葬ったといわれており、ここ、碇山に真田栗毛の墓があると言う事になります。

碇山は標高56mで、大分県で一番低い山ともされ、山頂部には松平忠直ゆかりの熊野神社もあります。

その昔、この碇山は海に隔たれた「島」だったそうで、神武天皇が東遷した際に、ここに碇を打って停泊したとの言い伝えから碇島と呼ばれていたのが、島ではなくなったため、碇山と名づけられたそうです。

例えば、徳川家康の墓がある、静岡にある久能山東照宮にも、その徳川家康の墓のすぐ近くに、徳川家康の愛馬の墓、すなわち「馬の墓」があり、九州では島津義弘の愛馬の墓もありますが、他には記憶にありませんので、珍しい部類に入ります。

真田栗毛の墓がある、碇山の駐車場は麓から入って鳥居をくぐった右側に、4~5台止められるスペースがあります。
下記の地図ポイント地点となります。

ただし、この付近、昔ながらの道で狭いですので、カーナビで上記地図の場所を指定して行くと良いでしょう。
地図の縮尺は自由に変えてご覧願います。
また、走行にはどうぞ充分にご注意願いたく存じます。

 スポンサーリンク


なお、この碇山には一伯公(松平忠直)霊廟もあると言います。
お参りさせて頂く予定だったのですが、鳥居のところの道路を工事していまして、私がクルマを止めているあいだ、工事の方が作業を中断してくださっていました。
そのため、真田栗毛だけ撮影する5分間だけ急ぎ失礼させて頂きました。
工事の方、ご配慮を賜りまして、誠にありがとうございました。

松平忠直とは~真田幸村を討ち取るも大分に謹慎となったその理由は?
西尾宗次【西尾仁左衛門】とは~大阪夏の陣で真田の首を挙げる
肥前・名護屋城からちょっと離れた真田昌幸陣跡にある「サナダサエモン様の墓」
鹿児島に落ち延びた真田幸村と豊臣秀頼伝説を追ってイザ現地調査

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

真田信繁 真田昌幸 小松姫と真田信之 豊臣秀吉 石田三成 淀殿 徳川家康 坂野惇子
戦国らいふ
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る