室賀正武の真田昌幸暗殺未遂事件と原畑城【大河ドラマ真田丸】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

室賀正武(むろがまさたけ)は、宝賀城主(笹洞城・原畑城)であり、2016年NHK大河ドラマ「真田丸」において、室賀正武は俳優・西村雅彦さんが演じます。

武田信玄の時代に、村上義清に従っていた楽巌寺光正(室賀光正、室賀山城守信俊)の子と推定される、信濃国小県郡の室賀正武(室賀義澄、室賀兵部少輔)は、武田勝頼の自刃により武田が滅亡したあと、北条氏直に従っていたと推定されます。

なお、室賀信俊(室賀山城守信俊)と言う武将は、武田勝頼に従い長篠の戦いにも出陣しましたが、その時の怪我がもとで死去したとされます。
室賀城は居館一体型の城館のようで、通常の政務は原畑城で行い、有事の際には笹洞城に立て籠もったと考えられます。

1583年9月に真田昌幸徳川家康から本領安堵されると、真田昌幸が小県の室賀正武を攻略しようと1583年10月に攻めましたが、室賀正武は真田家に和睦を申し入れます。
この時、真田昌幸はしぶしぶ和睦に応じたようですが、これで室賀正武は真田家の実質的な家臣となりました。

 スポンサーリンク


その後、真田昌幸が尼ヶ淵城を大改修して「」の築城を開始します。
そして、徳川家康と北条氏直が和睦した条件の吾妻領・沼田領の引き渡しでは、真田昌幸は拒否。
徳川家康は大久保忠隣を派遣して、真田昌幸に吾妻領と沼田領の引き渡しを命じますが、それでも真田昌幸は断固として拒否しました。

そんな中、室賀正武は徳川家康に対して、真田昌幸への不満を漏らしていたようで、徳川家康は1584年6月「謀りごとにて真田を討つべし」と室賀正武に対して真田昌幸の暗殺を命じます。
具体的には、室賀家の家臣・鳥井彦右衛門尉を駿府城に派遣して、徳川家康に助けを求めると、真田昌幸を謀殺せよとの指示を受けたとされます。
そして、一族の室賀孫右衛門を徳川家の鳥居元忠に派遣し、援軍を要請しようとします。
室賀正武が上田城に呼ばれた際に、真田昌幸を暗殺するための手筈でしたが、この室賀孫右衛門が、既に真田昌幸に内通しており、真田昌幸が事の次第を知った訳です。
そのため、真田昌幸と真田信幸(真田信之)は、逆に一計を用いて「御用医師・坂巻夕庵との囲碁の観戦に来ないか?」と室賀正武(室賀義澄)を上田城に招き、暗殺計画が進んでいるように見せかけます。

室賀正武は成功を疑わず、家臣の桑名八之助、相沢五左衛門尉、堀田久兵衛らを連れて上田城を訪問しました。
そして、書院に通されたところを、次の間に控えていた真田家の長野舎人・北能登守・木村五兵衛・木村渡右衛門らに急襲され、命を落としたのです。

この室賀正武(室賀兵部少輔正武)の死により、小県郡で真田昌幸に対抗する勢力は無くなり、室賀家の家臣・松沢五左衛門らが真田家に加わっています。
なお、室賀正武の妻子は、上杉景勝の元に送られました。

暗殺に失敗した徳川家康は、1585年4月、大久保忠隣ら7000を派遣して、沼田の明け渡しを求めます。(第一次上田合戦)
そこで真田昌幸は徳川家を見限って上杉景勝を頼る交渉をし、1585年7月に真田昌幸の上杉家帰属が認められるのです。

なお、室賀正武の子・室賀久太夫(むろが きゅうだゆう)(妻は屋代秀正の娘)は、父が暗殺されたあと、徳川家康に仕えたようです。
尾張に潜伏しては、現地の情報収集や工作を行ったようで、名古屋城が築城されると、二の丸の初代隊長となりました。
また、大阪の陣では、尾張・徳川家の御使番(参謀)として参じたとあります。

他も一族は散ったようで、室賀兵庫が徳川家で5500石とあり、もしかしたら、室賀久太夫と同一人物かも知れません。
また、紀州藩では室賀源十郎が1500石となっています。

原畑城(室賀城)

原畑城は、豪族・室賀氏の居城です。
このページトップの写真ですね。

戦国時代には村上義清の家臣で、上田原の戦いでも村上勢として室賀経俊が参戦しています。
その後、武田信玄に臣従すると「信」の字を与えられて、室賀信俊(室賀山城守信俊)と改名しました。
そして、長篠城や、駿河・田中城の城将のひとりとしても、室賀氏の名が見受けられます。
この室賀信俊(室賀山城守信俊)は、1575年の長篠の戦いにて重傷を負って帰国したとあります。

なお、戦国期には原畑城の背後にある笹洞城(下洞山)を中心に、跡部城(三頭山)、伊勢崎城(摺鉢山)と山城を築くと詰め城としたようで、これらを総して室賀城とも言います。
下記が笹洞城(下洞山)です。

約1万石ほどの勢力だったようで、原畑城が屋敷として機能しており、現在の原組公民館の一角に「室賀氏屋敷跡原畑城」の碑が昔はあったようですが、現在は失われているようです。

ちなみに、青木村の村松には、小山田茂誠村松殿の居館がありました。

室賀城へのアクセス・行き方ですが、JR北陸新幹線・しなの鉄道「上田駅」から千曲バス・室賀線で「室賀温泉ささらの湯」バス停下車となります。
クルマの場合、下記の地図ポイント地点が、原畑城があった辺りです。
駐車場はありませんが、道路は駐車禁止ではありません。

地図は縮尺を変えてご確認願います。
なお、近くにある前松寺(ぜんしょうじ)が、室賀氏墓所となっています。

室賀氏墓所は、2016年に地元の方により整備され「室賀氏の墓」と行き先案内板がありました。
しかし、どこだか分かりませんでした。
恐らくは、前松寺の裏山に続く道の途中にあるかと存じますが、裏山ではなにやら作業もなさっておられましたので、遠慮させて頂きました。
なお、誤解があると行けませんので記載しますが、室賀正武が暗殺されると、室賀氏はこの地を捨てて逃亡しています。
そんなこともあり、室賀氏の誰の墓かは不明でして、室賀正武の墓があるかも確認されていないようです。

念の為、前松寺がある場所ですが、下記の地図ポイント地点が駐車場となります。

原畑城からもそんなに遠くはありません。
下記はオマケ写真ですが、室賀峠史跡公園です。

第1次上田城の戦い【第一次上田合戦、神川合戦】の概要と経緯
北能登守とは~小川城主として真田家に貢献した武将
真田昌幸~戦国時代を巧みに生き抜き真田家を守った名将
出浦盛清【出浦昌相】(出浦対馬守盛清)とは
徳川家康と言う人物に迫る 性格や死因は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

真田信繁 真田昌幸 小松姫と真田信之 豊臣秀吉 石田三成 淀殿 徳川家康 坂野惇子
戦国らいふ
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る