真田発祥の地はココ~間違えてはいけない真田氏発祥


スポンサーリンク
スポンサーリンク

真田発祥の地に関して、誤解の無いように記載したいと思います。

信州の戦国武将である真田幸隆真田昌幸真田信之真田幸村と言った、信州・真田家(滋野氏一族)の発祥は紛れもなく、上田にある真田の里です。
しかし、そもそも「真田」と言う名前の発祥は上田ではありません。
一部のサイトによっては、あたかも上田が真田氏の全部の発祥と言うニュアンスになってしまっているため、ずっと気になっていました。
私も信州上田の真田家は恐らく一番大好きですが、間違えがある可能性を見逃すわけには参りませんので、誤解の無いように解説しておきたいと存じます。

一番古く「真田氏」と称しているのが見られるのは、現在の神奈川県ですので、その元祖・真田家である「真田発祥」をここではご紹介させて頂きます。

サナダとは?

そもそも「サナダ」と言うのは、田んぼの名称となる地名です。
日本書紀では、狭名田(さなだ)と出てきますので、山合いであったり、川に挟まれたりと、若干「狭い」場所の田んぼを差した地名だと考えられます。

そして、地名として真田の名が見られる文献上で最も古いのは、相模國大住郡眞田村(岡崎郷佐奈田村)で、現在の神奈川県平塚市真田になります。
すなわち、真田の発祥地ですね。

 スポンサーリンク


佐奈田、佐那田、狭名田、佐名田、実田、眞田、真田などとも表記され、平安時代の豪族である三浦一派が、相模の大住郡佐奈田(真田)に土着して「佐奈田(真田)」と称したのが、真田の名前の発祥と言われています。

この真田氏で特に有名なのは、佐奈田義忠(さなだ-よしただ)と言う平安末期の武将です。
吾妻鏡では、真田義忠と明記されています。

佐奈田義忠(真田義忠)は、近くの相模国大住郡岡崎を領した、岡崎義実(おかざき-よしざね)の嫡男です。
この岡崎義実は、その頃、相模の領土を拡大していた三浦義継の末子となります。

そして、1180年、源頼朝が石橋山の戦いで「挙兵」した際に、三浦一族は味方し、岡崎義実と佐奈田義忠(真田義忠)も馳せ参じたのです。

佐奈田義忠(真田義忠)は壮絶な討死をしましたので、鎌倉幕府を開いた源頼朝は石橋山古戦場にて佐奈田の霊を弔いました。
現在は「佐奈田霊社」として信仰を集めています。

与一塚

この佐奈田義忠(真田義忠)の真田家は三浦一族ですので、のちの250年後に現れる信州の真田家とは直接関係性はないと推測致しますが、そもそも真田の名の初めて称したのは神奈川県の真田氏で真田の発祥となります。

なお、弓の名手として那須与一と言う名を聞いたことがあるかと存じますが、鎌倉武士に那須与一と称した武将はおりません。
のちの軍記物で那須与一と言う名が出てくるわけですが、鎌倉武士で「与一」と称したのは弓の名手である佐奈田与一義忠と、おなじく弓の名手・浅利与一義遠がおりますので、その2人が合わさって軍記物(物語)として那須与一が作られたものと推測致します。

私も大好きな戦国武将の上田・真田家に関しての発祥地は、上田となります。
繰り返しますが、信州・真田氏の発祥は上田であることは間違えありません。
ただし、真田と言う姓名の発祥としては、誤解が無いような記載方法になることを望むばかりです。

石橋山古戦場の訪問記はこちら
佐奈田義忠(佐奈田与一)と相模・真田城の訪問記~大森藤頼自刃の地?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あなたの思いを下記に

    • 與一の郷づくり協議会 陶山豊彦
    • 2017年 4月 12日

    眞田の発祥の地は、岡崎四郎義実の嫡男が眞田の地に移り、地名をもって、「眞田與一義忠」と名乗りしてから、眞田氏の発祥の地はまぎれもなく、現在の平塚市真田であります。

関連記事

戦国浪漫グッズ

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
ページ上部へ戻る