池田綱重・池田長門守綱重 真田家の家臣

「池田綱重・池田長門守綱重 真田家の家臣」のアイキャッチ画像

 池田綱重(いけだつなしげ、池田長門守綱重)は真田昌幸の家臣で、砥石城代を務めた時期もあったと言う。

 真田昌幸の話によると「真田家随一の奇襲の名人」とされ、徳川勢との第一次上田城の戦い(上田合戦)では、池田綱重が鉄砲隊を率いて、徳川の先鋒部隊を奇襲攻撃した。

 真田昌幸が豊臣秀吉に臣従したあとは、伏見の真田屋敷に移り、真田本家の留守居役を務めた。



その後の池田綱重

 1600年、石田三成と徳川家康の関ヶ原の戦いのあと、伏見から脱出することに成功して、上田城に戻った。
 その後、真田昌幸・真田幸村高野山配流が決まると、真田信之に願い出て、紀州・高野山に入った家臣275名の1人に加わっている。

 その後、真田昌幸の死後、沼田城に戻ったとされ、大阪の陣では真田信之に従って大阪城の戦いに参加し、真田幸村とは敵になったと言う。

 引用元:池田綱重