歴史人「本能寺の変」特集は大変素晴らしかったです2015年7月号

 月刊誌「歴史人」2015年7月号を購入致しました。

 

 雑誌を買ったのなんて、何年ぶりでしょうか?
 いつも電子書籍ばかりですからね。
 ともあれ、私に取っては非常に珍しい買い物となりましたが、購入致しました理由は「本能寺の変」が特集だったからです。

 折りしも、この雑誌が発売される直前に「織田信長の遺体はどこに行った?」なんと記事をUPしたばかりでしたので、たまたま重なったと申しましょうか?、偶然にも歴史人さんにて本能寺の変をやっていると言うのを知り、発売から遅れること3日後に購入させて頂きました。

 本能寺の変の内容を、明智光秀が織田信長を討つ動機の部分から、実際の戦闘内容、そして黒幕説や信長の遺体について、また織田信忠の動向にもついて記載されており、本能寺の変に関して漏れが無く、とにかく細かな情報が掲載されておりました。
 もちろん、大部分は存じてあげている内容でしたが、これだけまとまっていると文章の素晴らしさには、ライターさんのご苦労が伺えます。
 そして「あぁ、やっぱり雑誌ってスゴイな」と改めて感心致しました。



 これだけの内容を調べ上げて文章にするのには、恐らくは最低でも2ヶ月は必要です。
 私のようなその日暮らしの個人レベルで、これだけの文章を起こすのには、到底困難な訳でして、この情報量が「価値」なのだなと思いました。

 ただし、ライターさんは調べ上げた内容を客観的にご披露されておりますが、結局は、黒幕は誰だったのか? 明智光秀の動機はなんだったのか? 信長の遺体はどうなったのか? と言った、謎めいた部分に関しては、あまりタッチしておりません。
 これだけのことをせっかくまとめたのですから、新聞の社説ではないですけど、個人的でも良いので、ご意見があるとなお楽しめたなと思います。
 間違った主張をするよりは断然よいのですが、その点だけがちょっと残念に思いました。
 書いているうちに、たぶんこんなんじゃないかな?と言った、推測はあったと思うのです。
 そのご意見も是非、拝読させて頂きたかったです。

 いずれにせよ、本能寺の変により、真田昌幸滝川一益の家臣団から脱却するキッカケとなり、真田の名が世に広まった訳でして、本当に人生は何があるかわかりませんね。

本能寺とは 京都・本能寺の歴史

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 名護屋城

    真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子が在陣した「名護屋城」~構造・整備状況を中心に~

    概要 真田昌幸・信幸・信繁(幸村)父子は、1592(文禄元)年から1598(慶長3)年までの朝鮮出…
  2. 名護屋城

    真田一族と朝鮮出兵~「名護屋城」への在陣~

    朝鮮出兵の概要 全国統一を果たした豊臣秀吉は明の征服を試み、1587(天正15)年、対馬の大名…
  3. 忍城

    真田父子も攻めた「忍の浮き城・忍城」~その歴史と現状~

    概要 豊臣秀吉の小田原攻めにおいて、北国勢に属した真田昌幸と信幸・信繁父子は「鉢形城」(埼玉県…
ページ上部へ戻る