武田勝頼の最後を動画で解説 武田勝頼の軌跡を追って


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 真田昌幸真田幸村が世に出るキッカケを与えてくれた恩人とも言える、武田信玄公の跡を継いだ「」の奇跡について、分かり易く「動画解説」にしてみました。
 長篠の戦いで大敗を喫し、真田信綱・真田昌輝を始め、山県昌景馬場信春内藤昌豊、原昌胤、原盛胤、土屋昌続、土屋直規、安中景繁、望月信永、米倉重継ら多くの武将を失います。
 その後、金山の枯渇による軍資金不足に悩まされながらも、なんとか武田家のかじ取りを行った武田勝頼でしたが、徳川家康織田信長の援軍を得て抵抗したため、次第、追い詰められました。
 文字を読むのが苦手な方でも、約4分で武田信玄が亡くなったあとの武田勝頼の概要がわかります。

 なお、更に詳しく知りたい方向けには、文字の詳細版を下記の通りまとめておきましたので、ご興味があればご覧頂けますと幸いです。

 武田信玄の駿河侵攻(事実上の今川家滅亡)

 諏訪原城の築城と攻防

 高天神城の攻防

 横須賀城

 長篠の戦い(徳川家康の視点から)

 小山城の攻防

 高遠城

 仁科盛信

 スポンサーリンク


 武田勝頼が目指した天目山栖雲寺

 武田勝頼の最後

 天目山の戦い

 小宮山友晴  最後まで武田勝頼に貫いた忠義

 最後の最後まで武田勝頼に仕えた土屋昌恒

 北条夫人 運命に翻弄された武田勝頼の正室 (北条氏康の娘)

 最後まで武田勝頼に従った勇士・侍女たち

 実際の武田勝頼の最後とは?

 残された武田信玄らの姫たち 松姫、督姫、貞姫(小督姫)、香具姫

武田滅亡後に活躍した旧家臣は下記

 真田昌幸
 真田幸村

 歴史に「もし」は禁物ですが、武田勝頼が37歳の若さで命を落とすようなことがない生涯を送ったならば、真田昌幸は単なる武田の家臣で終わった可能性もあり、そうなると、真田幸村は全くの無名のまま知られることがない武将となっていた可能性も考えますと、武田家は事実上滅亡したとは言え、武田勝頼の死はある意味、無駄だったと言うふうには思えませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。
当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。

記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。
ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。

徳川家康 豊臣秀吉 井伊直虎 西郷隆盛 大久保利通 島津久光

戦国らいふ

戦国浪漫グッズ

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
ページ上部へ戻る