カテゴリー: 真田家

真田信繁【真田幸村】の辞世の句はあるのか?

 NHK大河ドラマ「真田丸」で注目の真田信繁(真田幸村)ですが、wikiなどを見ても「辞世の句」は表記されていません。 でも、武将ですから、辞世の句くらあってもおかしくないぞ?と言う事で調べてみました。 真田信繁(真田幸村)は、大阪夏の陣の...

右京の局とは~真田信之(真田信幸)の側室。

右京の局(うきょうのつぼね)は真田信之(真田信幸)の側室です。出自は諸説あり、松代城代を務めた玉川秀政(玉川伊豫守)の娘とする説と、京都で薬屋をやっていた玉屋の娘とする説があります。※京都の右京にいたため、右京の局と呼ばれたとある。松代藩2...

真田清鏡【真田式部清鏡】とは~真田家とゆかりある僧侶

 真田清鏡(さなだ-きよあき)は、真田幸隆の庶子とされ、母は羽尾幸全の娘とも?ある。 ※羽尾幸全の娘は、真田幸隆の正室だったとする説もある。 真田幸隆が真田の里を追われた際、上野に逃亡中の1541年、海野幸全(羽尾幸全)の屋敷に寄宿していた...

仙台真田家とは

仙台真田家は、真田幸村(真田信繁)の2男・片倉守信を祖とする武家の名で、仙台藩士であった。真田幸村が大阪夏の陣にて討死し、嫡男・真田大助も果てたが、二男であった真田大八は、姉・阿菖蒲・おかね・穴山小助の娘などと共に、仙台藩の白石城主・片倉重...

真田家の家訓

 真田家の家訓としては下記のような物が伝わっています。 真田の武士は 命を粗末にしない どんなことがあっても 生き延びること 草や、泥を食っても生きながらえること そして戦で九分九厘 死ぬと思っても 最後の最後まで 生きることの算段をして ...

そもそも真田氏とは?

 そもそも、真田氏とはどのような出自であったのか? 諸説ありますが、まとめてみました。 真田氏(真田家)の先祖は信濃の東、現在の東御市付近を支配していた、豪族・海野氏であったと考えられています。 1400年、大塔の戦いで、信濃守護・小笠原氏...